aeruのお直し(修理)

ひとつの物を、長く使い続ける

日本には、 「金継ぎ」「漆の塗り直し」といった「お直し」の文化があります。
大切な器がこわれてしまっても、お直ししながら、ずっと使い続けられますように。
職人が作ったホンモノを1日でも長く使っていただけるように、金継ぎや塗り直しを承っています。

金継ぎ・銀継ぎ・色漆継ぎ

陶器・磁器・漆器・ガラス・石の欠け・割れ・ヒビのお直し

器などの割れや欠けのお直しを承っております。
割れた部分を漆でつなぎ、金、銀または色漆でお化粧をしながら仕上げます。
バラバラに割れたものや、破片を失くしてしまったものも、お直し可能です。

aeru商品のお直し
一般的な器のお直し

漆の塗り直し

漆器の塗り直し

使い込んで漆の塗膜が薄くなった漆器や、漆の塗膜が剥げてしまった漆器の塗り直しを承っております。

漆の塗り直しはこちら

和紙の漉き直し

aeruの「和紙のボール」専用のお直しです。
たくさん遊んで大きく穴が開いたり、和紙が取れてしまったりした和紙のボールをのお直しを承っております。

和紙のボールの漉き直しはこちら

お直しの例

一輪挿し(陶器)の割れを金継ぎでお直し

お直し前

陶器の一輪挿し。口の部分が少し欠けています。
こちらを金継ぎでお直しします。

お直し後

欠けた部分を、金継ぎで直しました。

マグカップ(陶器)の割れ・欠けを金継ぎでお直し

お直し前

陶器のマグカップ。 口の部分が割れてしまいました。

反対側は欠けてしまいました。

お直し後

残っていた破片を使って、金継ぎでお直し。

お直し中に、欠けていた部分から目には見えづらい細かなヒビを職人が発見。
漆を染み込ませ、肉眼では見えていなかったヒビも金継ぎでお直ししました。

aeruのお直しメニューへ