3月11日

あの3月11日から3年。

「あの」が意味するものは何だろうかと
お昼からぼんやりと思いをめぐらせました。

多くの人の命、家族、家、それまでの
普通の生活が突如失われ、
日本中が悲しみと恐怖と不安につつまれた「あの」日。

住み慣れた街を離れざるをえなくなり、
未だ解決しきれないたくさんの問題を
背負いはじめた「あの」日。

一方で、

誰もが大切な人のことを強く想い、
強く祈った「あの」日。

今まで感じたことのないほどの
深い繋がり、日本人の強さを感じた「あの」日。

そんな一人ひとりが違う「あの」を持ち、
3年が経ったのではないでしょうか。

これからさらに、5年、10年と経ったときに、
「あの」を忘れないよう、そして「あの」を
つなげていくことができるよう、

いつまでも
ただの3月11日になることなく、
「あの」3月11日であり続けることが
大切なのではないかなあと思いました。

brand sitter
小林 百絵