石川県から 漆塗りの はじめてのお箸

明日はいよいよ大晦日。

大晦日の習わしに、
「年越しそば」を食べる、
ということがありますね。

なぜ、年を越す前におそばを食べるのでしょうか。

年越しにおそばを食べるようになったのは、江戸中期のころといわれ、
大晦日で忙しい商家が食事を取る暇がなく、
夜遅くになって、食事代わりにおそばを食べたことが由来とされています。

おそばは細く、長く、伸びることから、
寿命や家運が延びること、
金箔職人が散らばった金銀の粉を集めるときに、
そば粉をこねた団子をもちいたことから、
金を集める、という縁起をかついだとされています。

年をまたいで食べることは、縁起が良くないとされています。
なのでみなさんも、どうぞ年を越す前に、
おそばを食べ終えてくださいね。