三重ものづくりプロデューサークラスが終了しました!

みなさん、こんにちは。

さて、先日お伝えしていました「三重ものづくりプロデューサークラス」がいよいよ最終回を迎えました!
この講座では、三重県の伝統的なものづくりを取り上げ、ブランドの作り方や地域の魅力を引き出す方法を学んできましたが、
最終回の今回はチーム毎に三重県の伝統産業を盛り上げるアイデアの発表会です。

実際に産地に行き、職人のワザと三重の風土を感じてきたみなさんからは、様々な提案が語られました。

型紙を彫る過程そのものを商品として、みんなで作る記念品や教育に活かすというアイデアや、
職人さんの悩みの種であるウェブサイトのリニューアル、これまでとは違った売り方や伝え方を盛り込んだとても興味深い発表でした。

実際に現地に足を運び、職人の作業を見たからこその提案が多かったです。
職人さんの息遣いやモノに込められた思いを肌で感じ、参加者のみなさんが持つ知識、知恵、経験、
そしてチームワークが和えられて、様々なアイデアが生まれたのだと思います。

参加者のみなさんが感じたもの、学んだことがこれからのものづくりや地域おこしをもっともっと良くしてくれると信じています。

ご参加いただいたみなさま、そして職人さん方
本当にありがとうございました!

伊藤拓哉