『和える -aeru- 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』

「和える」の本をみなさま、ご存知でしょうか。
和える-aeru- 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家
についてご紹介いたします^^
2014年7月17日に、早川書房さんから発売されました。

Amazon書評はこちらからご覧いただけます。

「和える」の本のさらに詳しい紹介と特設サイトはこちら

この挑戦記は、話し言葉で書かれているので、
お読みになりやすいかと存じます。

起業や伝統産業に興味があるあなたに、
迷いや悩みがあるあなたに、
自分の気持ちに素直になりたいあなたに。

ご家族と、学校のお友達と、職場の方々と、
みなさまでご覧いただけますと嬉しいです^^

○著者について

矢島里佳(やじま・りか)
株式会社和える(aeru)代表取締役

1988年東京都目黒区生まれ。2011年3月慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
2013年3月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程社会イノベータコース修了。

職人の技術と伝統の魅力に惹かれ、
19歳の頃から日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。
「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、
大学4年時の2011年3月、株式会社和えるを設立。
幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、
子どもたちのための日用品を日本全国の職人と共につくる
“0から6歳の伝統ブランドaeru”を2012年3月立ち上げる。

職人とのつながりを活かしたオリジナル商品のプロデュース、
講演会や雑誌・書籍の執筆など幅広く活動する。
「和える」の活動は、NHK総合「おはよう日本」、NHK Eテレ「Good Job!会社の星」、
日本テレビ「NEWS ZERO」「スッキリ!!」、TBS「夢の扉+」、
フジテレビ「ニュースJAPAN」に取り上げられるなど、
各種メディアで話題となっている。

2007年 テレビ東京「TVチャンピオン2 なでしこ礼儀作法王選手権」優勝
2009年 『栞 -和’s worth-』連載(JTB西日本 旅物語)。徳島活性化コンテスト奨励賞受賞
キャンパスベンチャーグランプリ東京産業人クラブ賞受賞(日刊工業新聞社)
2010年 学生起業家選手権優秀賞受賞(東京都・東京都中小企業振興公社)
2011年 第4回鯖江市地域活性化プランコンテスト優勝、オーディエンス賞のダブル受賞
週刊朝日『なでしこりかの至福の一品』連載(朝日新聞出版)