IMG_7114

葉もほとんど落ちて、冬の装いの枝と、熟した柿の実。
すずめがチュンチュンと、柿をついばむ様子も見受けられます^^
風もすっかり冷たくなりましたね。

お坊さんが忙しく走り回るとも言われている、「師走」。

クリスマスや年末年始の準備など、予定がたくさんの方も多いのではないでしょうか。
まさに「師走」という言葉がぴったりと思われる12月ですが、
「春待月(はるまちづき)」
という呼び方もあることをご存知でしょうか^^

旧暦で1月は「陽春」とも呼ばれ、暦上は春でした。
そのため「春待月」という呼び方から、昔の方々の12月に対するイメージが、
ただ寒く、忙しいだけではない、春への想いも馳せる
希望溢れる時期だったのかなあと感じます。

冬ならではの楽しみもありながら、予定に追われてしまいそうになる時期。
現代の私たちも「春待月」という呼び名のように、
ご家族やお友達と、クリスマスや来年に想いを馳せ、
心ゆたかに過ごせたら良いですね^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
aeru X’mas特設ページがございます。
「日本のサンタは 子どもたちに 日本のものを贈る」