chopsticks_5

みなさま、おはようございます^^

こちらの桐箱、中に何が入っているかというと・・・
石川県から 漆塗りの はじめてのお箸』が入っています。

海外に「一生食べ物に困らないように」と贈られる
銀のファーストスプーンがあるように、

日本人が一生使っていくお箸も、はじめての一膳は、
特別な一膳として、職人さんが想いをこめて手作りした
お箸を使ってほしい。

この思いから、『石川県から 漆塗りの はじめてのお箸』
は生まれました。

15cmのサイズが小さくなったら、新しいお箸に持ち替え、
はじめてのお箸は、桐箱にもう一度しまって、
大切な思い出としてとっておくのもいいかもしれません^^

aeruの漆塗りのお箸は子どもが初めて使うのに最適

【はじめてにぴったりな理由】
八角形のカタチ
先まで口当たりがよいようにできる限り丸に近く、
けれども、指先やテーブルの上で転がらないように、
八角形のカタチにこだわりました。
一つひとつ、すべての八角形の角は、丁寧に面取りして、
丸みをつけてあるので、手の馴染みがとても心地よいです。

寸胴でつまみやすい
箸先から箸元(箸の頭)まで、寸胴なカタチなので、
食べ物に接する面が大きく、はじめてお箸を使う子どもにとっては、
先が細いお箸よりも、つまみやすくなっています。

噛んでも安全・丈夫
はじめはお箸をかじりがちなお子さんが、
少しでも長く使えるように、時間をかけて
抗菌作用のある天然漆を、7回繰り返し摺り込むことで
丈夫な7層の漆の層をつくり、噛んでも木地が出にくくしました。

石川県から 漆塗りの はじめてのお箸』は
↑こちらからご購入いただけます^^