NHK BSプレミアム『イッピン』にて、
aeruの『青森県から 津軽塗りの こぼしにくいコップ』をご紹介いただく予定です^^
再放送予定日時は、2017年10月8日(日)午前4時30分~午前5時00分です。

aeruの『こぼしにくいコップ』は、一つひとつ職人さんの手作り。
段差があることで、小さなお子さまの両手でも持ちやすく、飲みやすいカタチです。
指で支えやすく、落としにくい。
両手で丁寧に扱うという日本らしい美しい所作も自然と生まれるカタチです。

青森県から生まれた『津軽塗りの こぼしにくいコップ』は、
約50もの工程を2ヶ月半ほどかけて作られます。
「研ぎ出し変わり塗り」という技法が用いられ、
国産のトチの木を素地に、漆下地で丈夫な漆器の基礎を作り、
何度も何度も塗り重ねた漆を、平らになめらかに研ぎ出して、
世界に一つだけの、美しい模様を生み出していきます。

番組では、この津軽塗りの職人の製作風景や、
『津軽塗りのこぼしにくいコップ』をご自宅でご愛用いただいている方へのインタビューなどをご紹介いただいております^^
『津軽塗りの こぼしにくいコップ』は、東京・京都の直営店やオンライン直営店、
そして、青森県弘前市の「ふるさと納税」からもお選びいただけます。
◯aeruのふるさと納税についてはこちら

職人さんの丹念な手仕事から生まれた津軽塗りは、
お手入れしながら暮らしに寄り添う、家族の一員になるはずです。
子どものときから大人になるまで、ずっと使い続けられるイッピン。
ぜひ番組をご覧いただけますと嬉しいです^^

番組詳細 イッピン「これって 本当に漆器?~青森 津軽塗~」

【番組HPより】
多彩な塗りが特徴の漆器、青森県弘前市の津軽塗(つがるぬり)。
表面に無数の丸いくぼみがあるため、持ちやすくて、
こぼれにくいと子どもから大人まで大人気のコップ。
内側と外側でまったく異なる表情の塗りを施したおしゃれなワイングラス。
本物の葉っぱと見まごう精巧な皿など、魅力的な漆器が続々登場。
江戸時代から伝わるその驚くべき技法と、
職人たちのくめども尽きせぬ創意工夫への情熱を、生方ななえが徹底リサーチする。
◯番組詳細はこちら
◯『イッピン』では、以前、aeruの『愛媛県から 砥部焼の こぼしにくい器』
ご紹介いただいたこともございます。
そのときの様子はこちら

【取扱店はこちら】

<東京直営店「aeru meguro」>
営業時間:11:00-18:00(水曜日定休)
アクセス:目黒駅 徒歩3分(JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線)
地図はこちら

<京都直営店「aeru gojo」>

営業時間:10:00-17:00(水曜日定休)
アクセス:五条駅・四条駅 徒歩5分(地下鉄烏丸線)、烏丸駅 徒歩7分(阪急京都線)烏丸松原 徒歩2分(市営バス)
地図はこちら

その他のaeruお取り扱い店舗については、こちらをご覧くださいませ。

<ふるさと納税からもお選びいただけます>

aeruのふるさと納税についてはこちら