目黒区立 菅刈小学校 和える aeru 特別授業 矢島里佳 小学生

2月17日水曜日、目黒区立菅刈小学校の5,6年生を対象に

「日本の伝統を次世代につなぐ」というテーマで
代表の矢島が講演をさせていただきました。

日本の伝統について、
職人さんについて、
夢を実現するために自ら仕事をつくることについて、
様々なことをお話ししました。



講演会は、まず子どもたちにaeruの商品に触れたり、
遊んだりしていただくところからスタート。


紙風船の正しい膨らませ方を学んだり、
こぼしにくい器を使って小豆をすくってみたりと、

子どもたちはキラキラと目を輝かせていました。



そこで、初めてaeruの商品に触れた感想を聞くと、
待ちきれない様子で次々に手が挙がり、

「赤ちゃんでも使いやすいように工夫されていました」、
「木のぬくもりを感じた」
など、純粋な意見が飛び交いました。

目黒区立 菅刈小学校 和える aeru 特別授業 矢島里佳 小学生

菅刈小学校では、生徒にホンモノに触れさせたいという校長先生の想いのもと、

各界で活躍する方々の特別授業や、
職人さんを招いての体験の機会を取り入れられており、

aeruの考え方と共通するものがありました。


先日は藍染を学んでいる大学生を学校に招いて藍染体験をしたそうで、

aeruの『徳島県から 本藍染の 出産祝いセット』を見るとすぐに
「ぼくたちの染めたものより色が濃いのはなんでだろう」 と、

違いに気づくことが出来る感覚が養われており、
感受性が豊かな素晴らしい子どもたちだなと感じました。



そんな菅刈小学校で育った生徒さんは、
素直で一生懸命で心があたたかい子たちばかり。


日本の伝統について真剣に学び、一生懸命考えてくれた子どもたちを見て、

和えるの役割である”日本の伝統を伝える”ことができたこと、とても嬉しく思いました。


これからもこのような活動に取り組んでまいります。

今回の講演会が少しでも、
聞いてくださった子どもたちのお役に立てていれば嬉しいです^^

aeruホストシスター:中川