aeru gojoホストシスターの中川です。

京都新聞の夕刊に、2ヶ月に一度、
和える代表の矢島のコラムを掲載いただいており、本日2月21日は、第4弾の掲載日です。

京都新聞 夕刊 コラム

矢島が今年1月に、コメンテーターとして出演させていただいた、
京都テレビ「京bizX」のコーナーで感じたことから、
今回は「文化と経済、両輪での成長を目指して」がテーマです。
(1/6の出演の様子はこちら

「京都の経済を牽引されている諸先輩方が、口をそろえておっしゃったのが、
『文化と経済、両輪での成長』の重要性だった。(本文より)」

学生時代に伝統産業の職人さんに出会い、和えるを起業し、
10年にわたり文化と経済に関わってきた矢島。

私たち和えるでは、「文化と経済、両輪での成長」を実現するために何が必要か、
ということを考えながら、日々取り組んでいます。

“0から6歳の伝統ブランドaeru”の商品や、aeru room直営店でのイベントを通して、
地域の魅力や、職人さんの想い、先人たちが育んでくださった伝統や文化に、
まずは興味をお持ちいただけるきっかけを作ることができればと想っています。

aeru gojoホストシスター 中川