こんにちは、aeru gojoホストマザーの田房(たぶさ)です。
まだ冬の風を感じる3月上旬。
京都北部の丹後地域にて、「丹後ちりめん」について学ばせていただきました^^

「海の京都」とも呼ばれる丹後地域では、
良質な水や適度な湿度といった風土に育まれ、絹織物が発展。
京丹後市には、100年以上の歴史を持つ公設の試験研究機関
「京都府織物・機械金属振興センター」があります。

丹後ちりめん 絹糸

様々な試験やサンプル製作を行っておられるのですが、
最新の機器だけではなく、昔ながらの機械や資料も活用されていました。
昭和初期の資料には、たくさんの生地見本が貼られていて、
現在のものづくりにも活かされているとのことです。

丹後ちりめん 資料

今回は、着物の生地を作っておられる工房をはじめ、
風呂敷や帯揚げといった、和装小物の工房などを訪問させていただきました。

ガチャン、ガチャンと大きな音を立てて動く織機と、
絹糸1本1本に丁寧に触れながら、作り上げていかれる職人さん。
美しい絹織物が生まれるまでには、
糸を巻きとったり、撚(よ)りをかけたり、多くの工程がありました。

丹後ちりめん 工房

またこちらは、刷毛で生地を染めていく「引染(ひきぞめ)」の工房です。
天井では、ぴんと張られた丹後ちりめんの生地たちが、
染めの順番が巡ってくることを待っています。

丹後ちりめん 小林染工房

一枚一枚、手作業で染められた生地は、着物はもちろん、
最近では室内の装飾として、絵画のように使われることもあるのだとか。

小林染工房 丹後ブルー

私たちは、旅の宿を通して伝統を伝える特別な一室「aeru room」を、
各地のホテル・旅館に生み出すことに取り組んでいます。
京都では、2020年の夏頃までに、8部屋の「aeru room」が誕生する予定です。
今回の訪問を通して、丹後ちりめんの技術を活かしたホテルのお部屋を、
京都に生み出すためのヒントを得ることができました^^

もともと、京都の西陣織の技術が丹後に持ち帰られ、育まれてきた「丹後ちりめん」。
2020年には、その当時から300年を迎えるということで、
300周年を記念した取り組みにもぜひご注目くださいね!

aeru gojoホストマザー(店長)田房