aeruの商品は、職人が一点一点手作りで心を込めて製作しております。
その中で、自然の現象や、陶磁器の特性により、
aeruの正規品になれない子たちがいます。

その子たちは、
ホクロのような黒点がある子や、
少し膨らみのある大きい子、
底を覗くと、まるで星座のように黒点が連なっているおしゃれな子、
いろんな特長を持っています。

そんな子たち「特長品」をみなさまと囲み、
和やかな雰囲気で会は、始まりました。

まず、特長品が生まれた理由や想いを、
代表の矢島より、お話しさせていただきました。

「100個作って、100個全てが、aeruの商品になれるわけではありません。
割合は変動しますが、2〜3割なれない子たちもいます。」

それを聞き、みなさまとても驚いてらっしゃいました。

aeruでは正規品なのか、特長品なのか、
常に職人さんと話し合い、決めております。
どのようにお話しさせていただいているのかを、
職人さんと密にお話させていただいている、伊東からもお話させていただきました。

みなさまとそれぞれの子たちの特長を探し、
その特長を愛でながら、自分のお気に入りの子を探しました。

「あ!青みが強い子と、弱い子がいる!」
と、わずかな色味の差を、発見してくださった方もいました。

一つのこと、モノをたくさんの方々と一緒に愛でることは、
本当に楽しいものですね。
みなさまとたくさんお話する中で、その楽しさに気づくことのできた一夜となりました。
ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

また、本日で終了いたしました特長品販売会ですが、
足をお運びくださった多くの皆さま、どうもありがとうございました。
お気に入りの特長を持った子を、お家に迎えいれていただき、
ありがとうございました!

次回の特長品販売会は11月を予定しております。
ぜひ皆さま、楽しみにお待ちいただけますと嬉しいです^^

『aeru meguro』ホストマザー(店長)森