こんにちは!aeru gojoホストシスターの中川です。
ただいま、「よさのワーキングステイ・トライアル」という8日間のプログラムに参加し、
京都・与謝野町で暮らしながら、「与謝娘酒造」さんで働かせていただいています^^
与謝野町 与謝娘 酒蔵 京都

◯前回の記事「aeru gojoホストシスター中川、京都・与謝野町で日本酒作りに挑戦中!」はこちら

みなさま、日本酒は何から作られているかご存知でしょうか。
日本酒は、主に「お米」と「お水」、
そして、お米に麹菌(こうじきん)を繁殖させた「米麹」から作られます。

今回のプログラムでは、お米を計量し、洗うところから始まり、
以前に仕込んででき上がっていた日本酒を、お届けするまでの流れを体験しております。
与謝野町 与謝娘 酒蔵 京都

・お米の計測、お米洗い(上の写真)、麹の温度管理
・蒸したお米に麹菌をふりかける作業(下の写真)
・タンクへの仕込み
・以前に仕込んで完成していたお酒の瓶詰め、ラベル貼り
・出荷、配達

お米を洗う、浸水させる…など、お家でも毎日やっていることですが、
何十キロ単位の仕込み用のお米となると、かなりの体力仕事です。
でも、毎日身体を動かしながら、「あぁ、湧き水が冷たい!」「お米、ずっしり重いなぁ」など、
自然の恵みを肌で感じることができることが、新鮮でとても楽しいのです! 

与謝野町 与謝娘 酒蔵

酒蔵の規模にもよると思いますが、実は私は、もっと機械が登場するのかと思っていたので、
日本酒が、こんなにも「人の手」に触れ、丁寧に作られていることに驚きました。
お米を洗う、蒸しあがったお米を、広げる、冷ます、床もみ(とこもみ)という工程で何度も押してほぐす。
麹菌をふりかける際にも、本当にいろんな場面で自分の手を使います。

与謝野町 与謝娘 酒蔵 京都

「コシヒカリ」「祝」「京の輝き」…
これらは地元で作られているお米です。
仕込みのために、日本酒の種類に別に数種類のお米を、手で蒸したり揉んだりするのですが、手を通すからこそ、硬さや粘り気など、お米の個性と状態が伝わってきます。

醪(もろみ)が入った仕込み中のタンクの中を櫂(かい)と呼ばれる道具で攪拌させる工程でも、発酵の状態や、日数によって混ぜるのに必要な力加減が変わってきます。
これも、自分の腕から感じる変化。

このように、作る過程でしか味わえない、その感覚を体感しています。
与謝野町 与謝娘 酒蔵 京都

“0から6歳の伝統ブランドaeru”でご一緒している、
職人さんたちの工房を訪問することも多いのですが、
現場に行って、「五感で体験する」ことで初めてわかることがたくさんあります。

酒蔵の香り、音、周囲の環境や自然の恵み、杜氏さんの熱い想いなど、
またaeru gojoで、みなさまにお伝えできればと思います^^

aeru gojoホストシスター中川

与謝野町 与謝娘 酒蔵 京都