お直し掛ける伝統

ひとつの物を、長く使い続ける

日本には、「金継ぎ」や「漆の塗り直し」といった「お直し」の文化があります。
大切な器がこわれてしまっても、お直ししながら、ずっと使い続けられますように。
職人が作ったホンモノを1日でも長く使っていただけるように、金継ぎや塗り直しを承っています。

お直しの例

一輪挿し(陶器)の割れを金継ぎでお直し

口の部分が欠けていたものを、破片を用いて金継ぎでお直し。(破片がなくてもお直し可能です。)

マグカップ(陶器)の割れ・欠けを金継ぎでお直し

口の部分が欠けていたものを、破片を用いて金継ぎでお直し。(破片がなくてもお直し可能です。)

また、お直し中に、欠けていた部分から目には見えづらい細かなヒビを職人が発見。漆を染み込ませ、肉眼では見えていなかったヒビも金継ぎでお直ししました。

aeru onaoshi メニュー

aeruの商品はもちろん、aeruの商品以外のお直しも承っております。

見積りお申込

現在、ご依頼を多数いただいているため、一時的にお見積りの受付を停止しております。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますと幸いです。
こちらのフォームにご登録いただくと、お見積りの受付を再開した際に、ご登録いただいたメールアドレス宛にお知らせいたします。