1周年を記念して、「aeru meguro 1周年記念ウィーク」を開催しております。
明日、7月30日(木)も12:00〜17:00、
代表・矢島が『aeru meguro』にてお待ちしております。
皆さまにお会いできることを楽しみにしておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ^^

 

セミの鳴き声がどこからともなく、聞こえてくる目黒で夏を感じながら、
7月26日、aeruデザインパートナーのNOSIGNER長谷川香織さんと、
和える代表矢島による、トークナイトを開催いたしました。

DSC_1482

今回は『aeru meguro』の1年を振り返りながら、
aeruらしい和えるデザインについて、お話させていただきました。
いくつかお話した内容を紹介させていただきます。

和えるデザインでは、機能性を一番に優先した上で、美しさ・格好良さを追求しております。
和えるデザインパートナーのNOSIGNERさんは、
アーティスト集団ではなく、職人的デザイナーであるため、そのようなデザインが実現できます。
またさらに、職人と深く関わり合い、密なコミュニケーションをとることで、
「妥協しない」和えるデザインが実現されるのです。

長谷川香織さんは「一生使い続けたいと思う商品」=「自分が使いたい商品」。
そのような想いで、子どものためだけでなく、
家族全員で使っていただける商品をデザインしているとおっしゃっていました。

『aeru meguro』には実際、親子でお揃い・恋人同士でお揃い、とおっしゃって、
ご購入されるお客さまも多くいらっしゃいます。
写真

現代では、実際の場所に行かなくても体験できることが多くなっておりますよね。
しかし、擬似体験ではなく実際に手に取り、肌で感じ、
「実感」することは、とても重要なことだと思います。
「理解」と「実感」は違う。
経験や体験は何歳になっても、必要なものだと思います。
伝統産業品を実際に手に取り、使っていただくことで、
その良さを「実感」できるのだと思います。
DSC_1485

和える代表矢島にとっての「伝統産業品」は「先人の生きた証、知恵の集合知」です。
「知恵」が失われてしまうことは、お金を失うことよりも怖いものだと思います。
和えるでは、その「先人の知恵」を伝え、次世代につなげたいと考えております。

モノを消費する生活から、モノとともに心豊かな生活を築く「暮し手」になれるよう、
『aeru meguro』からこれからも、発信続けたいと思います。

この度は多くの方々にお集まりいただき、ありがとうございました。
1歳を迎えた『aeru meguro』。
これからもより多くの方に遊びに来ていただけるよう、成長していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

aeru meguroホストマザー森
DSC_1488