先日出逢った展覧会がとても素敵な内容でしたので、
ご紹介をさせていただきます◎

根津美術館で11月3日まで開催されている
「名画を切り、名器を継ぐ〜美術にみる愛蔵のかたち〜」
を観賞してまいりました。

陶器や磁器、漆器が展示されているお部屋には、多くの偉人たちがそれらをを使い込み、
そして、ヒビが入ったものには継ぎをして長く愛用した品々が並んでおりました。

中には、意図して傷をつけて継ぎをしているもの、
窯焼きの時点で割れていたものを味わいとして使用している器などがありました。

それぞれ、愛着を持ってモノと生活し、
その時間を愉しむ先人たちの奥の深い文化を感じました。

実は、aeruでも商品のリペアを行っております◎
たくさんご使用いただき、もし割れてしまったり、和紙が破けきってしまったり、
漆が剥げてきたな。と思われましたら、aeruにてお見積もりを行い、
職人が心をこめて丁寧にお直しさせていただきます。

詳細はこちらよりご覧いただけます。aeru商品のリペア

どうぞ、長く長くお愉しみくださいませ。