お子さまが器を使用している際に、落として割ってしまった!
コップを洗っている際に、手を滑らせてしまって欠けてしまった!
そのような時、実は新しい器・コップに出逢える、とても嬉しい機会なのです。

みなさま「金継ぎ」はご存じでしょうか?

金継ぎとは、陶器や磁器が割れたり、欠けたり、ヒビが入ってしまった際に、
漆で接着し、継いだ部分を「金」でお化粧をしながら、お直しする、
日本に古来より受け継がれてきた方法です。
「銀」でお化粧をした場合には、「銀継ぎ」と呼ばれております。

本日『aeru meguro』におります、
金や銀でお化粧をして、お直しされた子たちをご紹介いたします。

偶然欠けてしまった『砥部焼のこぼしにくい器』『大谷焼のこぼしにくい器』
なんだか挨拶をしてきそうなお顔立ちの砥部焼さんに、
髪飾りをしたような大谷焼さんに、変身して帰ってきました。
FullSizeRender 2

裏から見てみるとまた、違った味わいに。
aeru 金継ぎ 銀継ぎ

こちらは欠けてしまった、『小石原焼のこぼしにくいコップ』
元のコップの色に合わせて「金継ぎ」「銀継ぎ」を、
職人さんにそれぞれおこなっていただきました。
aeru 金継ぎ 銀継ぎ

欠けてしまった器やコップが、ただ修復されるのではなく、新しい風情、味わいが生まれ、
世界に一つだけの器やコップになるのが、なんといっても魅力ですね^^

aeruでは、商品のリペアを承っております。
職人が心をこめて、丁寧にお直しさせていただきます。
欠けたり割れてしまった際には、「さようなら。」ではなく、
「また戻ってきてね!」と、ぜひ継いであげ、新たな“美”をお楽しみくださいませ!

『aeru meguro』ホストマザー(店長)森