【開催期間】
2020/2/15(土)〜2/29(土)

【場所】
<東京「aeru meguro」>
営業時間:12:00-18:00(水曜日定休)
アクセス:目黒駅 徒歩3分(JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線)
地図はこちら

特長品とは

aeruの商品は、一つひとつ職人が心を込めて、手作りしています。
石や土など自然の恵みから生まれた、器やコップたち。
職人さんは、その日の天気や土の状態など、日々異なる環境の中で、
経験と感覚を頼りに、カタチを作り上げていきます。

そのような環境の中で、様々な自然の現象により、個性豊かな子たちが誕生します。
中には、重ねるには少し大きかったり、楕円形になったり、ほくろのような黒点があったり・・・
そんな、個性豊かな特長をもった子たちを、aeruでは「特長品」と呼び、ご自宅用に限り正規価格から2割引きにて販売させていただいております。

※ご自身の目で特長をご覧になり、ご理解くださった上でご自宅で可愛がっていただけるという方に販売させていただいてるため、オンライン直営店での開催はございません

なお、特長品の印として、商品の底にキズを付けております。

特長品販売会とは

東京「aeru meguro」では日頃より陶磁器の『こぼしにくい器こぼしにくいコップ』を中心にご用意していますが、
特長品販売会では、本藍染シリーズなど、普段は特長品として店頭に出ない商品もお選びいただけます。
また、『こぼしにくい器・コップ』の特長品もいつも以上に多く取り揃えていますので、ぜひ楽しくお選びくださいませ!

・お持ち帰りの際は、商品を緩衝剤でお包みしたのち、aeruオリジナルの紙袋に入れてお渡しいたします。
・贈り物としてはお選びいただくことができません。
・返品や交換は承っておりませんので、ご了承くださいませ。

例えば、大小異なる特長品

aeruの『こぼしにくい器』や『こぼしにくいコップ』は、
スタッキングができるデザインになっています。

しかし、スタッキングするには、どうしても少し大きかったり、小さかったり・・・
上手に重ならない子たちも生まれてきます。
こちらの写真は、
『福岡県から 小石原焼の こぼしにくいコップ』を重ねたもの。

左側は、正規品同士のもので、ぴったりと重なっています。
右側は、少しふっくらとした特長品を正規のサイズのものに重ねました。

なぜこのような大きさの違いが出るのでしょうか。その理由は焼物は、焼くと縮むからです。

こちらは、『福岡県から 小石原焼の こぼしにくいコップ』の製作工程(左)と、
完成した商品(右)を並べたもの。
左側のものは、ろくろで形を作り、一旦低温で焼き上げた「素焼き」後のものです。
この「素焼き」したものに、釉薬をかけ、
さらに高温で焼き締めることで焼き物は完成します。
素焼きした状態のものと、完成した商品とでは、
大きさが小さくなっているのが分かりますね^^

実は陶磁器は、焼き締めることによって1〜2割ぐらい縮むといわれています。
また、土によっても縮み方が異なり、職人さんはこの収縮する割合を計算して、
大きさを揃えているのです。
しかし、その日の天気や窯の温度など、日々変わっていく環境の中で、
収縮率を計算してもでてきてしまう、大小の差。
このような理由から、100%大きさを合わせることはできないのです。
こうして生まれる少し大きい子や少し小さい子たちが”特長品”となります。
ぜひお家で可愛がっていただけますと嬉しいです。

その他、こんな”特長”ゆたかな子も

・底辺のaeruのはんこの位置がずれているもの
・土に含まれる鉄粉が、焼いた際に表面に出て、黒点があるもの など

ぜひみなさま、一つひとつの特長をご覧いただき、
個性豊かな表情に出逢っていただけますように^^

aeru meguroホストマザー(店長) 森