「知ると日本がもっと好きになる」をテーマに、
京都市が主催するイベント「京まなび2020」が東京都内で
2月8日~3月15日まで開催されます!

日本ならではの文化に彩られた京都の魅力を、1ヶ月間にわたり紹介する「京まなび」。
そのピックアップイベントとして、2月15日土曜日に、300年以上薫香製造一筋に歩んできた京都の『香老舗 松栄堂』さんと、『0歳からの伝統ブランドaeru』が初めてコラボレーションし、ワークショップを開催いたします。

今回のワークショップでは、ご自身の調合でお好きな香りの「文香」をおつくりいただきます。
その後、aeruのオリジナル伊勢型紙を使った、和紙のはがき染めを体験いただきます。
三重県の職人さんが手で彫って製作する「伊勢型紙」。
昔から着物を染める型紙として、愛されてきました。
この伊勢型紙を活用して、日本のお色味で和紙はがきを染めます。

平安時代より貴族たちは、文に香を焚きしめ、香りを添えて大切なメッセージを贈り合っていました。
現代においても、香りを「文香」という形で気軽に生活の中へ取り入れることができます。
「文香」は小さな匂い袋で、香りを手紙などにうつしたり、名刺入れなどにしのばせることで、受け取った方に、香りの印象を残すことができます。
文香ワークショップ
<写真提供>香老舗 松栄堂様

ご自身で思い思いに染め上げた絵はがきに、ご自身で調合した香りをのせて、大切な方へはがきを送りませんか。
みなさまのお越しをお待ちしております!

aeru meguro ホストマザー(店長)森

================
■日時:2月15日(土)
第1回(午前の部)10:00〜11:40
第2回(午後の部)13:00〜14:40
いずれも休息時間20分含む
■場所:香老舗 松栄堂 人形町店
■住所:東京都中央区日本橋人形町2-12-2
■定員:各回10組(お子様1名追加につき、800円追加)*定員を超えた場合は抽選
■お申込み方法:京都いつでもコール075-661-3755(2月9日締め切り)にてお電話いただくか、
こちらのwebページにてお申し込みくださいませ。
■参加費:2,300円(お子様1名追加につき、800円追加)
文香と合わせて、顔彩で染めた和紙のはがきをお持ち帰りいただけます。
================