ONLINE SALON

aeru オンラインサロン

日本の伝統や文化を、ともに学び深める場

aeruオンラインサロンは、日本の伝統文化や職人の手仕事を楽しみながら、感性を磨く仲間が集う場所。
2020年3月から、私たちの暮らしを豊かにしてくれるヒントや、日々感じたことを共有する交流の場を作っています。

「和える(aeru)」とは、ごま和えなど和え物の「和える」のこと。
異なる素材同士が、お互いの形を残し魅力を引き出し合いながら一つになって、より魅力的なものを生み出すことを指します。
日本の伝統や先人の知恵と、今を生きるみなさま一人ひとりの感性を「和える」オンラインサロンです。

活動内容

aeru オンラインサロンでは、オンラインで参加メンバー内の日常的に情報共有を行ったり、
工房訪問などのイベントを行う「学びの場」、和える代表矢島を交えた対話を行う「直感対話の時間」を企画し、開催しています。

1 Slackでの交流

オンラインチャットツールの「Slack」を活用しています。

改めて暮らしの中で感じたことを、言葉にして共有する場をもつことで、自分自身にとっても学びが整理されたり、気づきが増えたりします。
また、近しい価値観を持った方々との交流はご自身の興味関心をより広げてくれます。

「Slackでの交流」内容例

例えば、下記のような内容を自由に投稿しています。

  • 訪れた場所での発見

    先日「きもの」展に行き、着物に対するそれぞれの時代の想いや技術に感動。そして「おいしい浮世絵展」を楽しみにしているのでシェアします!
  • 日々の学びや気づき

    漫画アプリからの学び。「ひたすら」という言葉は、仏教の「只管打坐」から来ているそうです。雑念を捨て、ただただ一本の管の様に、真っ直ぐに打ち込む姿がイメージ出来て、大変腑に落ちる言葉だなと実感しました。
  • 参考になったメディア記事

    土鍋米炊きをするとき、最初に研ぐ水と浸漬用の水にアルカリイオン水を使うと、炊きたてのふっくら感が上がります!皆さんの独自の炊き方があれば教えてください!

2 毎月開催「まなびの場」

月に1度、現在はオンラインを中心に

  • 伝統に触れる企画
  • オンラインでの職人さんの工房訪問
  • 特別なゲストを招いた企画

などを開催しています。

また、ゆくゆくは年に1〜2回、「京都のホンモノに触れる企画」なども開催していきたいと考えています。

「まなびの場」開催内容例

  • オンライン工房訪問

    愛媛・手漉き和紙職人・デザイナー 佐藤友佳理さん

    お家にいながら、実際に工房に伺った感覚になれるオンライン工房訪問。
    サロン会員のみなさまが、直接職人さんの想いや人柄に触れられる場所です。
    伝統の技術についてだけでなく、職人さんの生き方・働き方にも迫ります。

  • 暮しの中の文化に触れる

    和菓子(主菓子)について学ぶ

    オンラインサロンでは、日々の暮らしの中でお茶の席でいただく、季節感を表現したお菓子「主菓子」をテーマに、和菓子屋さんや地域によって異なる様々な違いを、サロン会員でシェア。
    当日は、それぞれがお気に入りの主菓子を準備し、一緒にいただきました。

  • 伊勢型紙の魅力を知り、体感して語ろう!

    和紙はがきの型染め体験

    1000年以上の歴史があるという、三重県の伊勢型紙を活かした型染め体験。
    お道具や材料をまとめた体験キットを、事前に会員のみなさまのご自宅にお届けし、当日一緒に作品を仕上げました。
    オンライン開催でありながら一つひとつのお道具の質感や香りを、共に五感で感じることができる体験です。

3 月に1度の「直感対話の時間」

和える代表矢島と共に、aeruオンラインサロンのみなさまとご自身の学びをより深め、抽象的なことから具体的なことまでを対話しながら、生きると働くをつなげていきます。また、共に和えるくんを育んでいく対話を行うときも。

「直感対話の時間」開催内容例

  • テーマを設けずに矢島との対話

    当日、参加される会員のみなさまの関心事や、矢島が考えていることなどから、自然な対話が生まれ、一人ひとりが思考するきっかけや、「気づき」を生み出せるような場となっています。

  • ゲストを招いて対談

    丸若屋代表 丸若裕俊さんをゲストお招きし、「直観を大切に、自分に素直に生きること」の大切さや、「自然界と人間との関わり方」について、会員のみなさまと語り合いました。

参加者の声

第1期生のみなさまへのアンケート「オンラインサロンに参加して、どのような変化が生まれたか」

また、とても嬉しいことに、「aeruオンラインサロンへ参加して、ご自身の中でなにか変化はございましたでしょうか。」という質問については100%で「はい」という回答をいただきました^^

aeruオンラインサロン「まなびの場」を体験してみよう!

現在、aeruオンラインサロン4期生を募集しています。(~11/30まで)

毎月、aeruオンラインサロンの会員様限定で、開催している「まなびの場」。
今回は、特別に入会を検討されている方向けに、ゲスト参加枠を設けました。

オンラインで一緒に、飛騨高山の吹きガラス作家さんの工房へ訪れましょう。
〜温かな光と影 世界に一つの吹きガラスが生まれる場所〜

  • 日時:2021年11月21日(日)9:15〜10:00
  • 場所:オンライン開催(Zoomを使用)
  • ゲスト:ガラス作家 安土草多さん
  • 参加費:無料
  • イベント申し込みはこちらから

今回訪れるのは、飛騨高山で、温かみのあるガラスたちが生まれる工房。
代表の矢島と髙橋が訪れ、吹きガラス作家の「安土草多さん」にお話を伺います。
一つひとつ、ガラスの表情が個性豊かなのは、熱して柔らかくなったガラスに、職人さんが息を吹きこみ形作る「吹きガラス」という製法ならでは。


ガラスは涼しげな夏のイメージがある方も多いかもしれませんが、
安土さんの作品は夏はもちろん、ほんのり黄みがかっていて、ほっこりとした温かみも感じ、寒い時期にも使いたくなります。
ランプシェードは柔らかな灯りでお部屋を包んでくれ、器やグラスはテーブルに美しい影を生み出す。


安土さんのガラスのコップは、宿泊を通して地域の伝統を体感いただく、京都“aeru room”全4部屋にも設えてあり、
お水を召し上がっていただくグラスとして、宿泊される方々を癒してくれています。
こちらの、aeruオンラインサロン体験イベントでは、工房で作品や製作工程について安土さんにお話を伺うのはもちろん、みなさまからのご質問にもお答えいただきます。
和えるのつながりのある作り手さんの工房へ特別にお伺いし、直接対話していただけるのは、aeruオンラインサロンの活動の魅力の1つです^^
aeruオンラインサロンにご興味をお持ちの方は、ぜひこの機会に活動内容をご体感くださいませ。

安土草多(あづち そうた)さんプロフィール

1979 年、岐阜県高山市生まれ。名古屋大学工学部に進学し、3年次のときに休学、2001 年、ガラス作家である父・安土忠久さんの下で宙吹きガラスを学ぶ。’02年、岐阜県高山市に築窯、ガラス作家として活動を開始。助手を付けず、全工程を自らの手で制作し、精製度の低い原材料を使い、窯の温度や作業スピードなどを調整しながらつくるガラスは、ほんのり黄みがかり、アンティークガラスのような風合いが特徴。

ご応募について

こんな方におすすめ

  • 日本の伝統や文化について、興味はあっても深く知る機会がなかった方
  • どこに行けば良いものに触れられるのかわからない方
  • 感性や美意識を磨き、暮らしとビジネスで活かしたい方

伝統工芸などについてすでにある程度お詳しい方にも楽しんでいただけるかと思いますが、「うつわは好きで興味があるけれど、〜〜焼と言われてもよくわからない」「お茶やお花を習ってみたいと思ったことはあるけれど、なんとなく一歩踏み出せていない」といった初心者の方にも、ぜひご参加いただければと思っております。

参加費用について

会費:月額5,478円(税込)

会費のお支払い方法:クレジットカードからの引き落としにて毎月お支払いいただきます。
その他、オフラインでの「まなびの場」の開催がある場合には、内容に応じて参加費用をいただくことがございます。(参加費用は事前にお知らせいたします。参加は任意ですので、ご安心ください。)

学生枠の募集について

月に1度の「まなびの場」運営をお手伝いいただきながらのご参加となる、月会費無料の「学生枠」を若干名募集いたします。

  • 大学、短期大学、専門学校に通学中の方
  • 月に1度開催する「まなびの場」に原則出席し、運営をお手伝いいただける方(実際にこのようなレポートを作成いただいております)
  • オンラインでも積極的に発言し、学び合いの場づくりを行っていただける方

※未成年の方は、ご参加の際に保護者様の同意書をいただきます

大人の方々から集まる会費で支え、会を盛り上げていただければと考えております。
ご希望の方は、応募理由の記入欄に【学生枠希望】と明記くださいませ。

aeru オンラインサロン
参加応募フォーム

参加をご希望の方は、下記フォーム項目をご記入の上、送信をお願いいたします。
確認の上、担当者よりご連絡させていただきます。

    例)目黒 太郎

    ※携帯電話のメールアドレスを入力された場合、パソコンメールアドレス受信拒否設定のために、こちらからメールをお送りできないことがございます。@a-eru.co.jpからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。

    例)03-1234-5678
    ※メール送信がエラーになってしまった場合に、ご連絡させていただくことがあります。

    例)東京都

    例)インターネット検索、TwitterなどSNS経由、知人からの紹介

    多様な方が集まる場にしたいと思いますので、なぜ惹かれたのか、何にご関心をお持ちかなど、差し支えない範囲でバックグラウンドも含めてお聞かせいただけますと幸いです。また、学生枠希望の方は【学生枠希望】と記載をお願いいたします。

    普段お使いのTwitterまたはInstagramアカウントがあれば教えてください。

    入力内容のご確認必須

    個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、ご送信ください。
    (情報を送信することにより、個人情報の取り扱いについて同意したこととなります。)