太秦江戸酒場 糸灯籠

京都の東映太秦映画村にて開催された「太秦江戸酒場〜幕末・夏祭り〜」

今年で4回目を迎えるこのイベントでは、夜の太秦映画村を舞台に、
まるで江戸時代にやってきたかのような町並みの中で、
京都のお酒・お食事や、伝統芸能を楽しむことができます。

太秦江戸酒場

和えるは『陰翳礼讃 糸灯籠の間』を、出展させていただきました。
ほの暗さの中に美しさを見出す日本の美意識、陰翳礼讃。
絹糸を巻いた繊細な灯りを放つ糸灯籠を灯し、
aeruの漆器や本藍染などをご用意して、みなさまをお迎えしました。
太秦江戸酒場 糸灯籠

「昔の人たちは、どんな灯りでものを見ていたのだろう?」
蛍光灯の下ではなく、灯籠のほのかな灯りの下で見る、
漆器や陶器、磁器、本藍染、和紙など、日本の伝統産業品。

太秦江戸酒場 糸灯籠

普段とは違った、陰の中で見る職人さんの手仕事の
美しさや表情の変化を、感じていただけたのではないでしょうか。

展示しておりましたaeruの商品は、京都直営店『aeru gojo』
東京直営店『aeru meguro』にてご覧いただけますので、
ぜひ明るい店内で見る表情もお楽しみくださいませ^^

aeru gojoホストシスター 中川