こんにちは!aeru gojoホストマザーの田房(たぶさ)です。
2015年11月7日に誕生したaeru gojoは、
おかげさまで、まもなく3周年を迎えます。
いつも応援してくださっているみなさま、本当にありがとうございます!

aeru gojo3周年

感謝の気持ちをみなさまに直接お伝えできればと思い、
下記の日時は、私ホストマザーの田房と、ホストシスターの中川が、
どちらも終日在店いたします^^
また、ホストブラザーの和田谷も、一部の日程を除き在店しております。
この3年間支えてくださったみなさまに、ぜひお会いできますと嬉しいです。

【aeru gojo3周年!感謝を伝える1週間】
期間:11月8日(木)〜13日(火)
営業時間:10時〜17時

3周年を迎えるにあたって

私たちにとって3周年は、1周年・2周年とは
少し違った意味を持つ、思い入れある節目の年です。

お店ができて間もない頃、京都でたくさんの方々に応援していただく中で、
「まずは3年、がんばって。」
「とりあえず3年やね。」
と、声をかけていただくことが度々ありました。

みなさんがそろって「3年」とおっしゃることを、不思議な偶然だなぁと思いつつ、
老舗であっても「まずは3年」というはじめの一歩があったことを考えると、
とても心強く励みに感じたことを覚えています。

aeru gojo1周年のごあいさつ

「まずは3年」に込められた意味

さて、「まずは3年!」と、諸先輩方の言葉を信じ続けてきたのですが、
つい先日、ある方がその真意を教えてくださいました。

「京都のみなさんが“まず3年”とおっしゃるのは、
“3年”というよりは、“1000日”ということなんですよ。」

強い願いを胸に、神社やお寺に1000日間お参りを続けると、
神様や仏様がその様子を見ていてくださり願いが叶う。
1日のお詣りで1000日分のご利益を得られると言われる、
「千日詣り」の風習が広く残っていることからも、
日本で「1000日」という単位が大切にされてきたことを感じます。

私たちの「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いが、
「まずは1000日」続くほど強いものなのかどうか、
周囲の方々は温かく見守ってくださっていたのかもしれません。

ホストマザー(店長)退任のご挨拶

aeru gojoが3周年の節目を迎えるにあたり、私はここでホストマザーの職を離れ、
これまで兼任していた他の事業を、aeru gojo・京都を拠点に主に担っていくこととなりました。

最初の1000日が過ぎ、aeru gojoはまさにこれからではございますが、
「aeru room」事業をはじめ、日本の伝統を次世代につなぐため、
私たちは様々な取り組みを始めております。

ホストマザーという立場ではなくなるものの、今後も私はaeru gojoを拠点に、
日本の伝統をつなぐための新たな事業に取り組んでまいります。

奈良aeru room 工事現場

この3年間を振り返ると、至らないことばかりでしたが、
本当にたくさんの方のお顔が思い浮かび、
みなさまお一人お一人の想いに支えていただいたことを改めて実感しております。
この場をお借りして、みなさまに心より感謝申し上げます。
引き続き京都でがんばってまいりますので、今度ともよろしくお願いいたします!

4年目からは、現ホストシスターの中川が「aeru gojoホストマザー」となりますので、
これからも温かく見守っていただけますと幸いです^^

中川

aeru gojoホストマザー(店長)田房

【aeru gojo3周年!感謝を伝える1週間】
期間:11月8日(木)〜13日(火)
営業時間:10時〜17時

※新旧ホストマザーの中川・田房が終日在店いたします。