こんにちは、aeru gojo新ホストマザー(店長)の中川です。

本日11月7日に京都直営店「aeru gojo」は3周年を迎えました。
日々支えてくださったみなさまのおかげで、この日を迎えることができ、
感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
いつも、本当にありがとうございます。

中川 写真 aeru gojo

ホストマザー(店長)就任のご挨拶

この節目に、私中川がホストマザーに就任いたします。
3年間ホストマザーとしてaeru gojoを育んできた田房は、
西日本の事業を統括する立場として、引き続きaeru gojo・京都を拠点に
これまで兼任していた他の事業を主に担っていきます。

旧ホストマザー田房の退任のご挨拶はこちら

私は、子どもの頃から自然の中に飛び込んで遊ぶことが好きで、
大人になってからも、国内外を旅して、先人が繋いできた「その地にしかない宝物」との出逢いを大切にしてきました。

「日本の伝統を次世代につなぐ」という和えるの想いに共感して、オープンの半年後に入社。
日々のみなさまのお出迎えや、aeru gojoでの様々なイベントの企画、
職人さんの工房訪問、学校での講演活動に加え、
新規事業である「aeru onaoshi」事業の推進などを担ってきました。
今年は、保育士の資格も取得し、より専門的な知識をもとにみなさまへのご提案ができるよう精進しています^^

みなさまに支えられ

全国各地からお見えになるお客さま、ご近所の方々、
行政の方々、京都の伝統工芸・伝統産業の職人さんたち。

3年前では想像もできなかった多くの方々とのつながりが生まれ、
こうして振り返ると、数えきれないほどたくさんのご縁と、みなさまの支えのもと、
この日を迎えることができたと実感しております。

和えるファミリー 京都若手職人 交流会

みなさまには、aeru gojoの成長だけでなく
私たちスタッフの感性や感覚も豊かに育んでいただきました。

例えば、松原通のご近所の方には、
京都やこの地域の歴史や文化についてお話を伺ったり、
季節の移ろいを楽しむ心の豊かさをお教えいただいたり、
公私ともに暮らしが豊かになる智慧をみなさまにお教えいただき、
日々学ばせていただいております。

祇園祭

そして、みなさまから教わった学びや暮らしを豊かにするヒントを、
私たちはお客さまにお伝えする。
例えば、1年目はただ楽しむだけだった祇園祭も、
年々見どころをお客さまにお伝えできるようになってまいりました^^
おかげさまでaeru gojoでは、そういった心地の良い循環が生まれつつあります。

伝統に出逢っていただく場所として

「なんでこの木は傷がいっぱいついてるの?」 
-「漆はこうやって取るんだよ。木の命をいただいてるんだね。」
「立派な時計ですね」
-「大家さんが60年以上、大切にされてきた時計なんです。」

日々、そんなやりとりが生まれるaeru gojo。
私たちはこの場所を、ただモノを売る場所としてではなく、
みなさまに伝統に出逢っていただく場所を目指して育んでまいりました。
設えや、イベント、私たちの言葉から、日本の伝統に出逢っていただく入口です。
aeru gojo お誕生日会

お店が長く続いていくためには、モノを売ることも大切ですが、
それをゴールにするのではなく、「伝統を伝える」ことを目指してきた3年間。

aeru gojoに足を運んでくださった方が、赤ちゃんから大人まで、
なにか価値観が変わるような体験をしていただける場所になれたら・・・
この想いは変わらず、みなさまとの出逢いを楽しみにしております。

aeru gojo3周年

「まずは3年」というところに向けて試行錯誤を重ねてきましたが、
aeru gojoが京都から、日本各地の伝統産業の魅力をお伝えする場所として、
3年目以降も「伝える職人」を目指すという自覚を胸に、
スタッフ一同取り組んでまいります。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

これまでの感謝の気持ちを込めて

感謝の気持ちをみなさまに直接お伝えできればと思い、
下記の日時は、私中川と、旧ホストマザーの田房が、
どちらも終日在店いたします^^

大切なお祝い事の時に必ずaeruを贈るためお越しくださる方、
近くにこられた際に、ふらっとお見えになる方など、
これまでにaeru gojoでお出逢いしたみなさまのお顔が次々と浮かんでまいります。
この3年間支えてくださったみなさまに、ぜひお会いできますと嬉しいです!

【aeru gojo3周年!感謝を伝える1週間】
期間:11月8日(木)〜13日(火)
営業時間:10時〜17時

aeru gojoホストマザー(店長)中川