本日『aeru meguro』にございます、お絵かき帳を紹介させていただきます。

津軽焼の職人が遊びながら作った椅子の上に置いてあります、このお絵かき帳。
京都の北にある、綾部市黒谷町で和紙を漉いている職人さんが作ったノートを使わせていただいております。

写真 1

表紙の和紙は柿渋で染められております。
柿渋とは、渋柿を発酵させ、濾(こ)したもののことを言います。
実は、柿渋で染められた和紙は防水・防虫効果を発揮します。
先人の知恵には驚いてしまうことばかりです。

aeruの『東京都から 江戸更紗の お出かけ前掛け』を染め上げる際に、
和紙を数枚重ねて柿渋で張り合わせた「伊勢型紙」という型紙を使用しております。
『aeru meguro』に展示しておりますので、ぜひご覧くださいませ。
柿渋の香りと、和紙の肌触りはとても心地よいです。
写真

 

ご来店してくださったお客さま、お子さまから大人まで、様々な方が自由にお絵かきをしてくださいます。
いくつか紹介させていただきますね。
写真 3

写真

みなさま、本当に上手に、感性豊かに描いてくださいます^^
眺めているだけで、癒やされます。

また、本日ご来店くださったお客さまが私の似顔絵を描いてくださいました。
ものの数分で、ささっと軟らかいタッチで、私を描いてくださいました。
本当にありがとうございました。

写真 4
みなさまもぜひ、こちらのお絵かき帳に描いてください。

『aeru meguro』ホストマザー 森