aeru meguroにて、毎年恒例のみつろう塗り体験会を開催しました!

3か月に一度、aeru meguroを支えてくれている、
自慢の15cm幅の無垢の栗の木の床を、和えるみんなでお手入れしているのですが、
今回はご参加いただいた大人の方、中学生のみなさまと一緒に協力しながら、
隅々までみつろうでお手入れを行いました^^

みつろうとは、みつばちが巣作りのために、自ら分泌するロウのこと。
このみつろうに、菜種油や亜麻仁油、椿油、ヒバ油など、
自然の恵みからいただいた油をブレンドすることで
みつろうクリームが出来あがります。


木の床をじっくりと眺めていると、いろんなことがわかってきます。

「この小さな穴はなんだろう?」
木を想像してみると、そこには鳥さんやリスさんなどの動物、
また虫さんの住処であることがわかります。
「あ、これは虫さんが食べた跡だ!」

「なんで濃い色の床と、薄い色の床があるんだろう?」
特に濃いところは入り口、薄いところは棚の下やベビーベッドの下など!
和えるくんのお家には、たくさんの方々にお越しいただいております。
その方々がたくさん通るところは、濃くなっているんです!
まるで歴史が刻まれているようですね^^

みつろう、植物油、にはそれぞれに保湿や防腐、防虫などの効果があります。
木の床に少しずつみつろうクリームを塗りこんでいくと、つやつやと光沢がでてきました。
ご参加いただいた皆さまも、次第にみつろう塗りのプロになり、
どこの木の床がまだお手入れ足りないか、
床を見て、触るだけでわかるようになっておりました!


いつもソファーや観葉植物を動かすのが大変だったのに、
みんなで力を合わせると、すっと動かすことができ、
たったの1時間でお手入れをすることができました^^
冬の乾燥で、「ピキピキ」と悲鳴をあげていた栗の床も、
お手入れによってしっとりとし、保湿されている音を感じました。

大人の方と中学生の皆さまと楽しくお話ししながら、
木の床と対話しながら、お手入れすることによって、
改めて、自然のものに寄り添った暮らしについて考えることができました。

今年は25日まで営業しております!
ぜひ、みんなでお手入れをした「aeru meguro」の木の床を見に、
お立ち寄りくださいませ^^

【12月イベント】
◯12月生まれのお誕生日会
日時:12月24日(土)10:00〜11:00
詳細:https://a-eru.co.jp/meguro_blog/161224

aeru meguroホストマザー(店長)森