IMG_7553

1月7日、松の内の最終日。
門松も片付ける日となり、お正月の雰囲気も
本当に終わって、日常に戻ったように感じます。

そして、本日は七草粥を食べる日でもあります。
七草は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロですね。

なぜ、七草粥を食べるのでしょうか^^
・冬に不足しがちな青菜の栄養をとる
・お正月にお料理をたくさん食べて、疲れた胃腸を癒す
・1年の無病息災を願う
この3つの理由からです。

この習慣は元々、中国から伝わりました。
中国では、七種の若菜を汁物で食べていたのですが、
日本に伝わって、小正月に小豆粥を食べる習慣と
あわさり、七草を粥で食べるかたちとなったようです。
また、江戸時代に人日の節句として定められ、
一般的に広く普及したといわれています。

七草粥は朝に食べるものとされていますが、
まだの方もぜひ、召し上がって
1年の無病息災を願えたらいいですね。