6980b56fb150e7968f61bf61db3bcf76-e1385286792887-605x453

年が明けて、もう二月。
時は過ぎるのが早いですね。

二月と言えば、節分。
本日は、節分のおはなしをします^^

節分と言えば、豆まきのイメージが強いですが
元々は季節の変わり目の立春、立夏、立秋、立冬
の前日をさす言葉でした。

その中でも立春は、冬から春へ移り変わり、
1年の始まりとなる、大切な日と考えられ
この日だけが節分の行事として残ったといわれています。

節分の日に、豆をまく理由は諸説ありますが
京都の山に鬼が出た時、
神様から「豆をなげなさい!」とお告げがあり、
鬼を退治できた、というお話があります。

“魔”を“滅”する=魔滅(まめ)
そのため、豆まきをすることで、
鬼や悪いものを追い払い、福を招き入れるものになったのです。

また、自分の数え年の数だけ豆を食べると
健康に1年を過ごせるともいわれています。
ぜひ忘れずに、豆も召し上がってくださいね!

みなさまの豆まきが、楽しいものとなりますように。