glass_k_1_web1-605x456

福岡県から 小石原焼の こぼしにくいコップ

400年以上の歴史と伝統を持つ、小石原焼は
“普段使いの器”として、日本の食卓を彩ってきました。

小石原焼は、古時計のゼンマイを加工した鉋をあてて、
ぐるぐると文様を彫る「飛び鉋(とびかんな)」と、
刷毛で等間隔に美しい文様を打つ「刷毛目(はけめ)」
という伝統的な技法があります。

福岡県から 小石原焼の こぼしにくいコップ』は、
5種類ともすべて、両方の技法を使っています。
小石原焼の特徴と、温もりを子どもたちが自然と目にし、
日常的に触れることができます。

子どもが自発的に、両手でしっかりと持ちたくなるようデザインのコップ。
ですが、飲み物だけでなく、親子でデザートを作る時のカップや
お父さん、お母さんがお酒を飲む時のぐい飲みとしても
お使いいただけますよ^^