歴史好きの岡田准一さんが、時代を動かした人物たちの謎に挑む
テレビ番組「ザ・プロファイラー」。
11月8日放送のテーマは、
「新選組局長・近藤勇~時代に抗った若きカリスマ~」ということで、
その時代にイノベーションを起こし、起業家精神を持っていた近藤勇にちなんで、
和える代表の矢島をお招きいただきました!

大学4年時に「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いで
株式会社和えるを創業した矢島なりの視点で、
コメンテーターを務めさせていただいております。
◯「和える」の創業秘話については書籍「和える」をご覧くださいませ。

講演会やaeruの直営店でも、
”「伝統産業×赤ちゃん・子どもたち」という組み合わせに驚きました!”
というお声をいただくこともございますが、
今の時代だからこそ、自分たちが”本”当に赤ちゃん・子どもたちに届けたい”モノ”
”ホンモノ”は何だろうかを素直に考えたとき、その想いが生まれ、
全国の職人さんとオリジナルの日用品を手作りする”0から6歳の伝統ブランドaeru”が誕生しました。
もしかすると、近藤勇の「今を生きる」感覚とその時代を読む力は、
起業家精神そのものなのかもしれません。放送が今から楽しみです!
みなさまも、ぜひご覧いただけますと嬉しいです^^

<番組情報>

放送日時:11月8日21:00~21:59
※再放送 11月14日18:00~18:59
番組名:NHK BSプレミアム「ザ・プロファイラー 新選組局長・近藤勇~時代に抗った若きカリスマ~」
ーーーーーー
▼番組WEBページより
歴史好きで知られる岡田准一がMCとなり、新選組のカリスマリーダー・近藤勇の人生にせまる。幕末最強といわれる新選組は、近代的な集団だった。近藤の主導で、禁門の変では鉄砲や大砲を活用。医療改革により隊士の健康は飛躍的に向上した。反面、「鉄の掟(おきて)」に背いた者は切腹に追い込むなど、負の面も。やがて時代の流れで幕府は滅亡、新選組は存在意味を失う。その時、近藤が選んだ生き方とは?現代人が学ぶ点とは?

【司会】岡田准一,【ゲスト】宅間孝行,ビビる大木,矢島里佳


aeru meguroホストシスター松下