CASES

マリアンインターナショナルスクール京都校・大津校さんにて、日本の伝統に出逢い感性を育むむ“aeru school”を開催しました

aeru school

クライアント
マリアンインターナショナルスクール京都校・大津校
業種
インターナショナルスクール
規模
京都校31名、大津校33名
所在地
京都府・滋賀県

京都と滋賀あるマリアンインターナショナルスクールの園長先生より、 「日本の伝統工芸を子どもたちに体験させたい」とお声がけいただき、園児たちが日本の伝統に出逢い感性を育む“aeru school”を開催しました。 今回は、和えるの中川が講師として、京都校・大津校へ出張し、年長クラスに登壇しました。
本記事では、その様子をレポートいたします!
各地で“aeru school”を開催しておりますので、ご興味をお持ちの方は、こちらよりご連絡くださいませ。

お道具たちは、何からできている?みんなで考えよう


▲お道具キット(手漉き和紙、伊勢型紙、顔彩、刷毛)

まずは、これから使う伝統的な素材やお道具について、映像なども交えながらご紹介。
「この紙、触ってみてどんな感じがする?なにで出来ているのかなぁ?」
クイズをたっぷりご用意し、みんなで一緒にお道具を「観察」しながら学んでいきます^^

1000年以上の歴史があるという、三重県の伊勢型紙。
繊細で丈夫な美濃和紙を柿渋で幾重にも貼り重ね、
天日での乾燥と燻煙を繰り返して、型地紙を作り、その紙を染めたい柄の形に抜いていきます。

染めていただくはがきは、愛媛県の職人さんが、1枚ずつ手漉きした五十崎(いかざき)和紙。

今回は、職人さんが一つひとつ丁寧に作ってくださったこちらの型紙や和紙で、みんなで絵はがきを染め上げました。

◯“aeru school”で大切にしていること

“aeru school”では、日本の伝統文化を体験していただくだけではなく、「伝統に触れ、豊かな感性を育む」ということを大切にしています。 そのため、お道具の説明においても、「どのような材料 / 過程を経て生まれたのか」までしっかりとお話ししています。園児のみなさんからは「え、木から紙ができるの?石からお皿が生まれるの?」と新鮮な感想をたくさんいただきましたが、このように原点を知ること、見えない過程にまで想いを馳せることで想像力が育まれます。

職人さん体験をしてみよう!和紙はがきの型染め


お道具の説明やクイズの後は、早速作品作り。
直感で手にとった色を、思い思いに和紙に載せていきます。
クイズでは元気に手を挙げて、たくさん意見を発表してくれたみんなが、真剣な表情で黙々と作品を仕上げていきます。
その姿はまさに「職人さん」!
▲思い思いに、和紙はがきを染めていきます。


作品が完成した後は、みんなで見せ合いっこ。
「きれー!」「私のと全然ちがう!」「お花がさいてる見たーい!」など、
子どもたちの感性はひとりひとり違って、個性豊か^^
同じ柄の型紙と同じ6色を使っても、似ている作品は一つもありませんでした。

▲完成した作品を持って、にっこり!

先生方からいただいたお声

開催後、担当の先生方からは、

“園児が生き生きと質問に答えたり、夢中で作品作りに取り組んでいるのが印象的だった。”
“自分たちだけではなかなか伝えられない、日本の伝統や職人さんのこと、自然とのつながりなどをお話しいただけて、ありがたかった。”

といったご感想をお伝えいただきました^^
このようなお声をいただき、とても嬉しく思っております。

aeru schoolにご興味をお持ちの方へ


和えるでは、これからも日本の伝統を次世代につなぐため、さまざまなテーマで“aeru school”を企画・実施して参ります。

(例)
・職人さんのお道具で年賀状・クリスマスカード作り
・SDGsについて学ぶ
・地域の伝統を体験しよう etc…

また、日本の伝統や職人さんの作った「本物」に触れながら、 豊かな感性を育むだけでなく、
お受験などにも活きる「地頭を鍛える」「自分の意見を伝える」 「礼儀作法を身につける」といった力も育むお手伝いをさせていただきます!

ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にこちらよりご連絡いただけますと幸いです。

<他の“aeru school”開催記事はこちら>

  • 山形県米沢市で出張型aeru school「よねざわおりであそぼう」を開催しました。
    (記事はこちら
  • パナソニックセンター大阪にて、aeru schoolを開催しました。
    (記事はこちら
  • 岡山県井原市の市立幼稚園にて、井原デニムaeru schoolを開催しました。
    (記事はこちら