毎週、京都の若手職人さん
の声をお届けしている、
「α-STATION」FM京都のラジオ番組『Artisan’s Talk』

和える代表の矢島がDJを務め、毎週金曜、朝6時から放送しています。

6月23日のゲストには、「京都 鳴滝 北澤造園」3代目の
29歳、北澤真さんをお招きしました!

これまでの放送内容は、こちらのレポートをご覧ください^^


●つづれ織り職人 森紗恵子さん(前編後編
●京すだれ本舗「久保田美簾堂」久保田真司さん(前編後編
●京焼「蘇嶐窯」涌波まどかさん(前編後編
●京焼「蘇嶐窯」未来の5代目 涌波優太くん(特別編
●京都信用金庫の専務理事 榊田隆之さん(経済界編)
●漆芸工房「表望堂」島本 恵未さん(前編後編

お庭をイチから作ることに魅せられた

おじい様の代から続く「京都 鳴滝 北澤造園」の北澤真さんは、
幼稚園・小学校低学年のころから、
お兄さんと一緒に現場についていき、全国のお庭を見てまわっていたとのこと。

そんな中、ある旅館の中庭を新しくする際に、
元々あったお庭を解体して土の状態にするというお手伝いをした後、
1ヶ月を経て再度訪れたときに、びっくり!
日本庭園が仕上がっていたことに感動し、
「0から100%になる仕事を見て、
本当に面白い仕事だ!と思い、ビビっときた」
と北澤さん。
その日のうちに、お兄さんに「この仕事、僕がやりたいから、僕にやらせて!」と伝えたそうです。

作り手の技と想いが、気持ちの込もったものを生む

職人の世界に入られた頃は、石を拾ってきて「積んでは崩し」を繰り返し、
毎晩、石積みの練習をされていたとか。
造園業に限らず、“10年たったら一人前”というのは
全国各地の職人さん方からよく伺うお話ですが、
10年1日目に急に一人前になれるわけではない、という
北澤さんの言葉には、とても説得力がありました。

お話から伝わってきたのは、北澤さんが「誰よりも庭が好き」という熱い想いで、
日々真剣に仕事と向き合い、技を磨いておられるということです。
矢島も、気持ちの入った商品や空間は、
技術だけではなく想いがあって生まれると話していましたが、
北澤さんの熱い想いが込もったお庭を、私もぜひ訪ねてみたいなと思いました^^

明日6月30日朝6:00〜放送の『Artisan’s Talk』でも、引き続き、北澤さんのお話を伺ってまいります。
どうぞお楽しみに!

aeru gojoホストマザー(店長)田房

北澤さんのお庭をご覧いただける場所

北澤さんが手がけたお庭は、京都市の妙心寺 龍泉庵の中庭や、
滋賀県大津市の「家カフェ+Garden」にてご覧いただけます。
ぜひ北澤さんの熱い想いを感じに、足を運んでみてくださいね。

「Artisan’s Talk」番組詳細

放送局:「α-STATION」 FM京都
放送日時:毎週金曜日 朝6:00-6:25
リクエスト&メッセージはこちらから。

放送エリア:京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県の5府県

(FMラジオチューナーを通じてお聴きいただけます)

※なお、パソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko.jp」では、
放送から1週間に限り、聴き直すこともできます。
「radiko.jpプレミアム」にご加入いただくと、全国どこでもお聴きいただけます。

全国民放FM52局のラジオ放送を、エリア制限なく聴取できるau公式ラジオアプリ、LISMO WAVEにも対応しております。