「我が国のものづくり現場や伝統文化を核とした活気ある地域コミュニティの創造と発信」シンポジウムの開催について

関東圏にはものづくりをしている現場という資源を活かし、デザイナーやプロデュース人材などとのコラボレーションにより、
ものづくりに新たな付加価値を与えていく展開が進んでいます。
また、地域を越えたものづくり企業同士のコラボレーションによる新製品開発や、
ものづくり集積地へのノウハウ提供とクリエイティブ人材との連携などにより、
新たな地域資源の市場化や、地域の伝統文化を活用した地域活性化を実現している地域も現われています。

このシンポジウムでは、デザイナーとのコラボレーションによる高付加価値なものづくりを提案する事業者、
地域資源の発掘から新商品の企画を提案する事業者、
地域の伝統文化などを活用し地域活性化に取り組んでいる自治体関係者など、
それぞれの立場からの提言や出席者間の意見交換を通じて、
2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた伝統文化やものづくりを核とした地域コミュニティの創造、
当該地域コミュニティを活用したインバウンド拡大及び地域活性化のアイデアを提示します。

日時 平成26年6月3日(火) 10:00~12:30
場所 東京中小企業投資育成(株) 8階大会議室
(東京都渋谷区渋谷3-29-22)
JR渋谷駅 新南口出口より徒歩1分
定員 100名(事前申込先着順)
主催 経済産業省 関東経済産業局

詳細はこちら