毎週金曜朝6時から、和える代表の矢島がDJを務めさせていただいている、
「α-STATION」FM京都のラジオ番組『Artisan’s Talk』
京都の若手職人さんや、
伝統を次世代につなぐ取り組みをされている方々などのお声をお届けしています。
6月1日のゲストは、
京焼・清水焼 絵付け師の田辺桂(たなべ・かつら)さんをお招きしました!

成形から絵付まで、ものづくりへの熱い想い

高校で立体造形を学び、大学で焼物、
専門学校で絵付を学ばれ、現在、京焼の窯元で絵付け師として
お仕事をなさっている、田辺さん。
成形から絵付けまですべての工程を行うことができ、
現代アーティストのように、様々な作品作りにも取り組んでいらっしゃいます。

こちらは、田辺さんが成形から手がけられた、鳥を象った作品。
呉須(ゴス)と呼ばれる、藍色の顔料を用いて、絵付けされています。
「作品全体がレースのよう」と矢島も話しておりましたが、
柔らかな空気をまとまった、愛らしい作品ですね^^
後ろ側には、淡い桃色でお花がのぞき、思わず、ほっこり。
藍色系のお色を使うことが多い中、新しいお色味も取り入れていらっしゃるとのこと。

放送では、意外な田辺さんのエピソードも。
小学生のときの将来の夢は、なんと「大工さん」だったというのです。
お稽古事として通われていた絵画教室で、絵を描くだけでなく、
椅子やウッドデッキを作るなど、様々な「作る」を体験されたことが、
ものづくりの原点だそう。
今もなお、大工さんに憧れていらっしゃるとのことで、
幼少期の想いを大切に、創作を続けていらっしゃることが
ゆたかな創造力に結びついているように感じました。

アートと伝統産業の隔たりを超える

そんな田辺さんの活動は多岐にわたります。
大学のOGとして2013年ごろから参加されている「瀬戸内国際芸術祭」では、
現代アート作家のような一面も。

例えば、こちらは2016年の作品「漁師と職人」。
船の上に、絵付をした半磁器の蛸壺を約300個乗せたもので、
こちら全体が作品だそう。
作品が展示されている高見島で、
昔から島民の生活に密着に関わっていた蛸壺をテーマにしたもので、
「芸術的なことと、伝統産業的なことの間に隔たりがないこと」を表現したかったのだとおっしゃいます。

昔は陶磁器で作られていた蛸壺。
いまはプラスチック製が主になり、蛸壺を作る職人さんや、
蛸壺を買い換える漁師さんも減ってきているとのこと。
そんな中、地元の方々が蛸壺を花を活ける壺や植木鉢のように使っていらっしゃったり、
庭先に装飾を施してオブジェのように飾っていらっしゃったりする様子をご覧になったのが、作品のインスピレーションになったと、田辺さん。

絵付け師として装飾品を作り続けておられる田辺さんにとって、
本来装飾品でなかった蛸壺が、装飾品のように扱われている様子は新鮮だったのかもしれません。
その”装飾品としての蛸壺”を再度海に返すというインスピレーションから生まれた作品には、一つ一つの蛸壺に蛸唐草(たこからくさ)の文様が絵付されています。
「アーティストも職人の仕事だと思っている」という田辺さんのお言葉をお聞きして、
社会に溢れる肩書に境界はないのだと感じました。
そして、島民の暮らしの中で蛸壺が様々な用途で楽しまれているというお話も伺い、
暮し手である私たちも、アーティストの1人なのかもしれないと思いました。
自分の暮しに隠れている、ちょっとした変化や美しさにより目を向けていきたいと思います。

明日のゲスト

さて、明日6月8日6:00からの放送では、引き続き、
田辺さんをゲストにお招きします。
活動ごとで、様々なお顔を見せてくださり、
変幻自在な田辺さんのお話が、今からとても楽しみです^^
みなさまも、どうぞお楽しみに!

aeru gojoホストシスター中川

これまでの放送はこちら

◯2018年度のゲスト
●「楽芸工房」西陣織 製糸部門 伝統工芸士の村田紘平さん(前編後編
●桶屋「近藤」 近藤太一さん(前編後編
●京・地張り提灯専門「小嶋商店」の小嶋俊さん(前編後編
※小嶋さんとは、以前、aeru gojoにて、門川大作京都市長と矢島の3名で、
「京都から伝統産業を活性化し、日本全国を元気に」というテーマで鼎談させていただきました。
◯鼎談の様子はこちら
●京友禅ブランド「SOO(ソマル)」代表 日根野孝司さんら4名(前編後編

◯2017年度のゲスト
これからの経済を担う京都の若手職人さんたちをはじめ、
経済界の方々や商品を生み出すことや届けることに携わっていらっしゃる方々など。
各回の内容の記事を、こちらよりご覧いただけます。

「Artisan’s Talk」番組詳細

放送局:「α-STATION」 FM京都
放送日時:毎週金曜日 朝6:00-6:25
リクエストメッセージはこちらから。
放送エリア:京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県の5府県
(FMラジオチューナーを通じてお聴きいただけます)
※なお、パソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko.jp」では、
放送から1週間に限り、聴き直すこともできます。
「radiko.jpプレミアム」にご加入いただくと、全国どこでもお聴きいただけます。
全国民放FM52局のラジオ放送を、エリア制限なく聴取できるau公式ラジオアプリ、LISMO WAVEにも対応しております。