日本の食事の所作講座〜お箸やお椀の持ち方など、みんなで学ぼう!〜


東京「aeru meguro」では、毎月、職人さんが手作りしたお箸やお茶碗などを用いて、
「日本の食事の所作講座」を開催しています。

<食事の所作講座の流れ>
・お箸ってどこに置くの? 〜箸置きがある理由〜
・お箸の持ち方 〜持ちやすい形〜
・お茶碗の持ち方 〜手を添える部分を伝えるのがコツ〜
・フタ付きの汁椀、見たことあるかな? 〜フタのある理由〜
・汁椀のフタのとり方、置き方
・お茶碗、汁椀とお箸を同時に使うときは?
・お箸やお茶碗は何でできているかな?
・おさらい 〜参加スタンプを押そう!〜
>>参加申込みは、ページ下部分のお申込みフォームへのご記入をお願いいたします!

<食事の所作講座で使うもの>
石川県から 漆塗りの はじめてのお箸
香川県から 庵治石の はじめての箸置き
佐賀県から 有田焼の はじめてのお茶碗
福井県から 越前漆器の はじめての汁椀

職人さんと一緒に「子どもたちが使いやすいように」、
「日本らしい所作が自然と身につくように」という想いで手作りした、
aeruの『はじめてシリーズ』を実際に使ってみんなで学びます^^

食事には、日本に出逢うきっかけがたくさん!

ご自宅でのお食事、みなさま、どのように進めていらっしゃいますか。
お箸の持ち方をはじめ、食事の所作についてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
「日本らしい所作を身につけられたらいいな!」
「食べ物や器など、モノを大切にする日本らしい心も育めたら・・・」という想いを
抱いていらっしゃる方もおられるかもしれません^^

「左がご飯、右がお味噌汁。お箸はどこに置くのだろう?」
「お茶碗はどうやって持つのかな?汁椀は?」

aeruの「食事の所作講座」では、様々な疑問にお答えします!
持ち方や置き方などには、実は昔から大切にされてきた理由も・・!
先人が大切にしてきた智慧にも触れながら、
日本らしい食事の所作をみんなで学びましょう。
お父さまやお母さまも一緒に、
日本ならではの所作に出逢っていただく場にできますと幸いです。

aeruならではの食育


こちらの写真中央にある石、みなさま、何か分かりますでしょうか。
次のような場所で採れたものです!

実は、「食事の所作講座」で使う佐賀県から 有田焼の はじめてのお茶碗の原材料!
こんな石からできているのですよ^^
私たちは、職人さんとのものづくりを通して、現地に伺い、
モノがどのように生まれ、作られるのかを学ばせていただいております。
「食事の所作講座」では、原材料や職人さんの道具にも触れていただきながら、
モノができあがるまでの物語もお話いたします。
「食事の所作講座」にご参加された方からは、
「公園の土で、何か作れるのかな?」「この木は何かな?」と
お子様の興味を持つ幅が広がったというお声も。

「自分でできた!」を応援します

お子様たちの「なぜだろう?」「知りたい」「一人でやりたい!」という気持ちに
寄り添いながら行う「食事の所作講座」。
実際にお使いいただくお箸やお茶碗などはすべて、
子どもたちが使いやすく、持ちやすい形になっています。
また、和えるには保育士資格を持つスタッフもたくさん。
お子様お一人ひとりに合わせて、お声がけさせていただきます^^

普段なかなかうまくできなかったお子様も「自分でできた!」に満足顔。
職人さんと手作りしたホンモノで、
お子様の自主性や感性を育むお手伝いができますと嬉しいです。
ぜひご家族みなさまでご参加くださいませ。


開催概要

開催日程
● 7月7日 10:30〜11:30 ‐ 受付中
● 8月4日 10:30〜11:30 ‐ 受付中

東京「aeru meguro」
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105

定員:8名
対象年齢の目安:3歳〜6歳(その他の年齢の方もご参加いただけます。)
参加費:1,000円

下記日程より、お選び下さい。
お子様のお名前(ふりがな)と年齢をお申込みの際に、お知らせください。