【イベント】3月19日・20日ビジネスパーソン向け「アート思考のためのaeru school体験会」


多くの仕事がAIにより機械化され、「人間にしかできない仕事」が求められる今日。
問題解決能力よりも、問題発見能力…
感覚・感情、直感、勘…
AIが得意なロジックに基づいた左脳思考だけではなく、ひらめき・思いつきに基づく「アート思考」を育むことに注目が集まっています。

とはいえ、関心はあるけれど何をしたら良いかわからない…という方も多いのではないでしょうか。
私たち和えるは、これまで400組以上のお客様に「aeru school」を提供してきましたが、日本の美意識と智慧がつまった伝統を体感することで、「アート思考」が育まれるという観点から、最近では企業研修としてお声がけいただく機会も増えてきています。

今回は、企業研修としての導入を視野に「aeru school」を体験してみたい、というご要望にお応えし、ビジネスパーソン向けの体験会を開催させていただくこととなりました。
企業研修の担当者が当日は会場におりますので、具体的なご相談を承ることも可能です。
ご不明な点がございましたら、ぜひお気軽にご質問いただけますと幸いです。

「aeru school」が目指すもの

先人たちの美意識と智慧がつまった「伝統」に触れる中で、3つの力、「観察する力・言語化する力・哲学する力」を育むワークショップです。
一つひとつ表情が異なる素材を観察したり、感じたことを言葉にして共有したり、自由な発想で作品作りを行ったりする中で、右脳を働かせる体験をしていただきます。
また、日々の仕事への活かし方についてもお伝えします。

  • 3つの力を身につけ、クリエイティビティや問題発見能力を育む土壌を作る
  • 「見えているようで見えていない。感じているようで感じていない。考えているようで考えていない。」ことへの気付きを持ち帰る。
  • 作品を通じた世代間交流の促進。
  • といった効果を目指しています。

    今回題材とするのは、1,000年以上の歴史があり、着物の染めなどに使われている『伊勢型紙』。
    職人が手彫りした伊勢型紙で、手漉き和紙のはがきを染めるワークショップです。

    このワークショップには答えがありません。
    固定概念を脇に置いて、様々な表現に挑戦することで、お一人おひとりの感性を引き出していきます。

    aeru school 概要

    【日時】
    2020年3月19日(木)  10:00〜11:30
    2020年3月20日(金・祝) 10:00〜11:30
    【場所】
    東京「aeru meguro」(各線目黒駅より徒歩3分)
    【料金】
    おひとり3,000円(税抜)
    伊勢型紙2枚と、五十崎和紙2枚をお持ち帰りいただけます。
    【所要時間】
    90分
    【定員】
    15名(先着順)
    【持ち物】
    特にございませんので、手ぶらでお越しくださいませ。

    お申し込みフォーム


    お申し込みフォーム