「職人さんが作ったホンモノを、暮らしの中で長く大事に使っていただきたい」
そんな想いで、和えるでは、一部の商品を除き、「商品のお直し」を承っております。
陶磁器やガラスの割れたり、欠けたりした部分を金継ぎ・銀継ぎする。
漆器を使い込むことで薄くなった漆の層や、剥げてしまった漆を、塗り直すなど、状態に合ったお直しを行います。

お子さまにとっては、「らんぼうに扱えば割れたり、傷がついてしまう」こともお勉強。
職人さんが心をこめてつくった器を普段から使うことで、丁寧にモノを扱うことや、
壊れてしまっても、お直しをすることで、長く使うことができることも知っていただけたらと考えています。
aeruのお直しを選択してくださる方は、年々増えており、
aeruの『こぼしにくい器』や『こぼしにくいコップ』などをお直しされた方から、
「思い入れがあったので、また使えて嬉しい」「より素敵になって戻ってきて、いっそう愛着が湧いた」などと嬉しいお言葉もいただいています。

暮らしの中で大切にされている器をお直ししたい

最近では、「自宅で使っている、aeru以外の器などもお直しできませんか?」という
お声をいただくことが多くなってきました。
そこで、「お気に入りのものを、大切に使い続けたい」という、
みなさまの想いにお答えできればと考え、aeruの直営店にて、みなさまが暮らしの中で大切にされている、aeru以外の器やコップなどのお直しも承っております。

例えば、こちらの一輪挿し。
口の部分が少し欠けてしまっています。

欠けた部分を、職人さんが金継ぎでお直しすると、下のお写真のようになりました!

お花を入れた際にも、さりげなく金継ぎの跡が見えることでしょう^^

落として割れてしまった器や、
洗っている最中に角にぶつけて少し欠けてしまった器、
そして、何度も使う中で、漆が薄くなってきた漆器など、
ぜひ、aeruの直営店にお持ちくださいませ。
壊れてしまったら”捨てる”という選択肢のほかに、
”お直しする”という選択が、より広がっていきますように^^

店頭でのお直しの対象はこちら

◯金継ぎ・銀継ぎ(aeruの商品以外の陶器・磁器・ガラスのお直し)
◯塗り直し・艶直し(aeruの商品以外の漆器の欠け・割れ・剥げ)

お直しの流れ

(1)お直しをご希望される器などのお持ち込み
 東京直営店「aeru meguro」または京都直営店「aeru gojo」に、
 お直しをご希望のものを、お持ちくださいませ。
 欠けた際の破片がある場合は、お怪我にご注意いただき、一緒にご持参ください。

(2)状態確認の上、写真撮影
 スタッフが割れや欠けの状態を確認の上、お見積もりのため、写真を撮影させていただきます。
 お持ちいただいた器は、ご自宅へお持ち帰りいただきます。

(3)お直しの代金の見積のご連絡
 1週間ほどで、メールにてお見積もりをご連絡いたします。
 お見積の内容にご了承いただけましたら、代金を振込にてお支払いいただき、
 お品物を職人さんのもとへお送りいただきます。

(4)お直し完了後、お手元にお届け
 お直しには、1ヶ月〜3ヶ月ほどかかります。
 お直し完了のご連絡をした後、お手元にお届けいたします。

<東京直営店「aeru meguro」>

営業時間:11:00-18:00(水曜日定休)
アクセス:目黒駅 徒歩3分(JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線)
地図はこちら

<京都直営店「aeru gojo」>

営業時間:10:00-17:00(水曜日定休)
アクセス:五条駅・四条駅 徒歩5分(地下鉄烏丸線),
烏丸駅 徒歩7分(阪急京都線)烏丸松原 徒歩2分(市営バス)
地図はこちら