お申し込み不要

【イベント】4月8日〜21日 「京ものユースコンペティション 2017」受賞作品を展示いたします!

4月8日~21日 10:00-17:00(水曜定休)

aeru gojo
京都府京都市下京区松原通室町東入玉津島町298


京都市 京ものユースコンペティション 和える
こんにちは、aeru gojoホストシスターの中川です。
京都直営店「aeru gojo」では、4月8日〜4月21日まで、
「京ものユースコンペティション」の受賞作品の展示をさせていただきます!

京都市主催の「京ものユースコンペティション」は、
現代のライフスタイルに溶け込む「京もの」の表彰を通して、
京都の若手職人さんを発掘・支援したいという想いから、2013年に始まりました。
今年で第5回を迎えた、こちらのコンペティション。
第1回目から和える代表の矢島が審査員を務めさせていただいており、
今年1月に、2017年の受賞作品が決定!
期間中は、そのグランプリ・準グランプリ受賞作品を、
「aeru gojo」にて展示させていただきます。

京焼・清水焼『奏でる茶碗』

2017年のグランプリは、加藤美樹(かとうみき)さんの京焼・清水焼『奏でる茶碗』
加藤さんは2015年の第3回から挑戦され続け、
今回、晴れてグランプリを獲得をされました!
実に、3度目の挑戦。
京都市 京ものユースコンペティション 和える
「自分ならでは」の作品を追い続けることで生まれた『奏でる茶碗』は、
彫りや、”イッチン”の技法よる繊細な絵が施され、
見るたびに発見があるようなお茶碗です^^
”イッチン”とは、筒状の容器に泥を入れ、押し出してデコレーションのように盛り絵を描く技法のこと。
ぜひ立体感や躍動感あふれる、お茶碗をご覧くださいませ。

加藤さんは、矢島がDJを務めさせていただいている、
「α-STATION」FM京都のラジオ番組『Artisan’s Talk』にもご出演いただきました。
◯放送の様子 前編後編
京都市 京ものユースコンペティション 和える

京友禅『あずまトート』と京指物『吉野杉鳴桶』

準グランプリは、山元桂子(やまもとけいこ)さんの京友禅『あずまトート』と、
近藤太一(こんどうたいち)さんの京指物『吉野杉鳴桶』です。

山元さんの『あずまトート』は、伝統的な「型友禅」で、
生地を染め上げて製作されています。
オリジナルのテキスタイルブランド「ケイコロール」を立ち上げられている山元さんは、
手仕事ならではの”かすれ”や”にじみ”、”はみ出し”をあえて残し、個性豊かなものづくりをされています^^
以前、『Artisan’s Talk』にもご出演いただき、
ものづくりをされる上で大切にしていらっしゃる想いなどを伺いました。
◯放送の様子 前編後編
京都市 京ものユースコンペティション 和える

京都市 京ものユースコンペティション 和える
近藤さんは、おひつや寿司桶、茶道具などを手がける桶屋さん。
『吉野杉鳴桶』は、吉野杉の美しい柾目を活かして製作された桶スピーカーで、
和の落ち着いた雰囲気が印象的。
伝統的な京桶からかけ離れたものとならないようなデザインを心がけられたそうです。
京都市 京ものユースコンペティション 和える

この機会にぜひ、京都の若手職人のみなさまの作品を、
お手に取ってご覧いただけますと嬉しいです^^


<「京ものユースコンペティション」受賞作品展示>

日時:4月8日~21日 10:00-17:00(水曜定休)
場所:京都直営店「aeru gojo」
アクセス:五条駅・四条駅 徒歩5分(地下鉄烏丸線)、烏丸駅 徒歩7分(阪急京都線)、
烏丸松原 徒歩2分(市営バス)
地図はこちら

aeru gojoホストシスター中川


お申し込みフォーム

 メッセージの内容はこちらでよろしいでしょうか。
よろしければ上のチェックボックスにチェックをつけて、送信ボタンを押してください。