受付終了

【イベント】5月3日 aeru galleryワークショップ「型染め体験!オリジナルの絹の眼鏡拭き”おふき”を作ろう」

2018年5月3日(1)13時〜14時 (2)14時〜15時

aeru gojo
京都府京都市下京区松原通室町東入玉津島町298

各回定員:6組
参加費:お1人さま 2,000円(税込)
(お作りいただいた眼鏡拭き"おふき"はお持ち帰りいただけます)
お申込みの際に、ご希望のお時間帯をお知らせくださいませ。
(1)13:00-14:00
(2)14:00-15:00
※14:00〜の回へのご参加は満員のため、締め切らせていただきました。
どうぞ13:00〜の回へお申込みくださいませ^^


5月3日〜6日に開催されるaeru gallery第3弾にて、
眼鏡とともに展示販売させていただく、「SOO」(ソマル)の眼鏡拭き”おふき”。
aeru garelly おふき ソマル SOO

今回のワークショップでは、みなさまに型染めの技法で、
オリジナルの絹の眼鏡拭きを染め上げていただきます!
「眼鏡をかけていない…」という方もご安心ください。
スマートフォンや、パソコンを拭くのにもお使いいただけます。

『SOO』は、京友禅の若手の職人さんたちが、立ち上げられたブランド。
着物となると、少し敷居が高く感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、
『SOO』では、暮らしの中でもっと身近に、
京都の伝統である京友禅を取り入れてもらいたいという想いで、
ものづくりをされています。
aeru garelly おふき SOO ソマル

今回みなさまにお作りいただく“おふき”も、
まさに暮らしに取り入れやすい「眼鏡拭き」です。
生地は、正絹。そして、染めもパッケージも、
京友禅と全く同じ工程を踏んで製作されていますが、それを毎日持ち歩きやすいサイズに。

みなさまに染めていただくのも、「絹」でできた生地です。
下染がしてある正絹の襦袢(じゅばん)の生地に、
京友禅の職人さんに直接教わりながら、型染めの技術で、柄を施していきます。


使用する型紙は1000年以上の歴史があるという、三重県の「伊勢型紙」
型紙の文様は、aeruおなじみの「七宝」の文様など、いくつかご用意しております^^
お好きな柄をお選びいただき、
三重県の伊勢型紙を置き、お好きな色・顔彩で、
眼鏡拭きを染め上げていただきます。

お使いいただく伝統的な素材やお道具、技法については、
「SOO」の職人さんや、aeruのスタッフが、ご説明させていただきます!

顔彩は、aeru gojoから徒歩5分ほどの場所にある上羽絵惣さんのもの。
たくさんの日本の伝統色の中から、好みの色を選ぶのはわくわくしますよ!
刷毛は、aeru gojoのご近所の田中直染料店さんのものです。

みなさまの感性で、思い思いに作品を仕上げてくださいね^^
今からどのような仕上がりになるのか楽しみです!

aeru gojo ホストシスター 中川


お申し込みフォーム

このイベントのお申込みは、受付終了しました。