受付終了

【イベント】漆職人さんによる金継ぎ・銀継ぎワークショップ 〜器を長く大切に使う、先人の智慧〜@aeru gojo

2017年11月15日①13:30〜15:30 ②16:00〜18:00

aeru gojo
京都府京都市下京区松原通室町東入玉津島町298

定員:8名
参加費:5,000円(税別)
持ち物:お直ししたい陶器・磁器
(割れの状況や大きさにもよりますが、2時間でお一人2点までが目安です。)
樹脂や漆、金粉などがつく恐れがあるので、お直しに適したお洋服にてお越しください。
エプロンやアームカバーのご持参をお勧めします。
備考:
・何をお直しするのか、割れや欠けの状況をお申し込みフォームにて事前に簡単で構いませんので、お知らせくださいませ。
・お申し込みの際に、ご希望のお時間帯をお知らせくださいませ。
 ①13:30〜15:30 ②16:00〜18:00

※細かい作業が伴うため、必要であれば眼鏡等をお持ちくださいませ。
※本漆を使うため、人によってはかぶれる可能性がございますのでご了承くださいませ。
※お持ち帰りの際に、お直し品が入る紙箱や段ボールのお箱があると安全に持ち帰ることができますので、ご用意いただけますと幸いです。
※ガラス製品は本ワークショップではお直しいただけません。
※大きすぎる花器などは、時間がかかるためにお直しいただけません。
※細すぎる取っ手はお直しいただけません。(幅1cm以上であれば可能)
※土鍋本体もしくは取っ手はお直しいただけません。(ふたであれば可能。)


大谷焼 金継ぎ
みなさまは、「金継ぎ・銀継ぎ」という言葉は聞いたことがありますか?

「金継ぎ」とは、陶器や磁器が割れたり、欠けたり、ヒビが入ってしまった際に、
漆で接着し、継いだ部分を「金」でお化粧をしながら、お直しする、
日本に古来より受け継がれてきたお直しの方法です。
「銀」でお化粧をした場合には、「銀継ぎ」と呼ばれております。

今回のイベントでは、aeruの陶磁器・漆器・ガラス・・・
なんでも漆でお直ししてくださっている職人さんを
ゲストにお招きし、ワークショップを行います!
お手持ちの陶器や磁器の中で、割れてしまったり、欠けてしまったものがございましたら、
ぜひこの機会に『金継ぎ』という技法でお直ししてみませんか?^^

当日は約2時間で、金継ぎ職人さんに教わりながら、
お持ちいただいたものをお直ししていきます!
ワークショップのため、割れ・欠けの部分には樹脂を使用し、
その上から、本漆を塗り、本金もしくは本銀で最終仕上げします。
お直しした器は、当日お持ち帰りいただくことができます。

職人さんが丁寧にアドバイスをしながら、教えてくださいますので、
初めての方もご安心くださいませ。
みなさまの大切な器が、より魅力的な表情になりますように。
金継ぎ

また、夜には職人さんとのトークナイトがございますので、
こちらもぜひご参加くださいませ^^


お申し込みフォーム

 メッセージの内容はこちらでよろしいでしょうか。
よろしければ上のチェックボックスにチェックをつけて、送信ボタンを押してください。

このイベントのお申込みは、受付終了しました。