京都の若手職人さんや、
伝統を次世代につなぐ取り組みをされている方々などのお声をお届けしている、
「α-STATION」FM京都のラジオ番組『Artisan’s Talk』
毎週金曜朝6時から、和える代表の矢島がDJを務めさせていただいております。

6月29日のゲストは、
創業116年「齋田石材店」代表の5代目、齋田隆朗さんをお招きしました。
「石灯篭」をはじめ、墓石・石造彫刻・石材施工など、
石材一式を扱っていらっしゃる齋田さん。
石灯籠に込めた願いや、石を扱う技術を活かした新たな挑戦についても伺いました。

「石灯籠」の佇まい〜風化を表現する〜

神社仏閣や日本庭園などにある、伝統工芸品「石灯籠」。
番組では、その歴史について詳しく伺うことができました。
「石灯籠」は仏教伝来で鎌倉時代に多く作られ、
「光を灯して、祈りを捧げるときに使っていた。」と齋田さんはおっしゃいます。
その頃は、人の背丈より大きな石灯籠が主流だったそうですが、
その後、茶道文化の中で、
お茶庭の手水鉢の手元を照らす小さめの石灯籠になったとのこと。
今はお庭の装飾として置かれることが多く、
祈りという精神性、灯りという機能性、そして、
存在という装飾性の要素を持っているということが、とても興味深いと感じました。

「齋田石材店」では、初代が石を切り出すお仕事を始め、その後、
齋田さんのお祖父さまでいらっしゃる3代目とお父さまでいらっしゃる4代目が、
お庭づくりの需要の中で「石灯籠」づくりを始められたとのこと。
なかでも、「京灯籠」というスタイルで、素朴で上品に見えることを大事にした、
古めかしいものをお作りになっておられ、
きっちりと作ったものをボロボロにするという仕上げ方をなさっているそう。
石の肌や質感、色を見極め、自然風化に近しい風合いを出せるように、
初代から培われた石を切り出す技術などを活かしていらっしゃるのです。
また、苔むすように「石灯籠」に水をかけ、時間をかけて育てるようなこともされているとのことで、時間を閉じ込めるような、時を感じさせる佇まいを生み出す工夫をされていることにも驚きました。

「ぜひ石灯籠のバランス、雰囲気を見てほしい」と齋田さん。
そんなお話を伺い、矢島も「雨に濡れたしっとりした石灯籠や、雪化粧した石灯籠・・・
風景の中にあるキャストのような存在」と申しておりましたが、
「石灯籠」はモノではなく、人のような温かみのある、
また、少し渋みを増した佇まいそのものが魅力なのではないかと思いました。
少し足を伸ばして、お庭を見に出かけたくなりました^^

石を暮らしに取り入れる

現在、40歳でいらっしゃる齋田さん。
石をより身近にしたいと、技術を活かした取り組みもなさっています。

それが、こちらの家の中で灯すことができるような「テーブルランタン」。
お庭にある手水鉢の形として知られるスタイルをそのまま活かし、
お家の中で石の風合いを楽しむことができます。
こちらも、花崗岩を削り、やすりを施して古めかしさを出していらっしゃるとのこと。
自然風化をイメージしているため、ザラザラではなく、
まろやかな感じの風合いだとのことで、とても触りたくなりました。

「お部屋の中に石を持ってくることで、
家族の時間がより一層良いものになれば嬉しい」と齋田さん。
私達、和えるも「自然の中にある石を暮らしに取り入れ、人間や動植物と同じように、石にも様々な表情や魅力があることをお伝えしたい」という想いで、『香川県から 庵治石の はじめての箸置き』を作らせていただいたので、とても共感いたしました^^

明日のゲスト

明日7月6日6:00からの放送では、引き続き、「齋田石材店」代表の齋田隆朗さんをゲストにお招きします。どうぞお楽しみに!

aeru meguro ホストシスター松下

これまでの放送はこちら

◯2018年度のゲスト
●「楽芸工房」西陣織 製糸部門 伝統工芸士の村田紘平さん(前編後編
●桶屋「近藤」 近藤太一さん(前編後編
●京・地張り提灯専門「小嶋商店」の小嶋俊さん(前編後編
※小嶋さんとは、以前、aeru gojoにて、門川大作京都市長と矢島の3名で、
「京都から伝統産業を活性化し、日本全国を元気に」というテーマで鼎談させていただきました。
◯鼎談の様子はこちら
●京友禅ブランド「SOO(ソマル)」代表 日根野孝司さんら4名(前編後編
●京焼・清水焼 絵付け師の田辺桂さん(前編後編
●鳴り物仏具「南條工房」の南條和哉さん(前編後編

◯2017年度のゲスト
これからの経済を担う京都の若手職人さんたちをはじめ、
経済界の方々や商品を生み出すことや届けることに携わっていらっしゃる方々など。
各回の内容の記事を、こちらよりご覧いただけます。

「Artisan’s Talk」番組詳細

放送局:「α-STATION」 FM京都
放送日時:毎週金曜日 朝6:00-6:25
リクエストメッセージはこちらから。
放送エリア:京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県の5府県
(FMラジオチューナーを通じてお聴きいただけます)
※なお、パソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko.jp」では、
放送から1週間に限り、聴き直すこともできます。
「radiko.jpプレミアム」にご加入いただくと、全国どこでもお聴きいただけます。
全国民放FM52局のラジオ放送を、エリア制限なく聴取できるau公式ラジオアプリ、LISMO WAVEにも対応しております。