京都の若手職人さんや、伝統を次世代につなぐという想いで活動をしていらっしゃる方々の声をお届けしている、「α-STATION」FM京都のラジオ番組『Artisan’s Talk』。

毎週金曜朝6時から、和える代表の矢島がDJを務めさせていただいています。

7月14日は、前週に引き続き、
京扇子「大西常商店」4代目若女将の大西里枝さんをお招きしました。

これまでの放送内容は、こちらのレポートをご覧ください^^

●つづれ織り職人 森紗恵子さん(前編後編
●京すだれ本舗「久保田美簾堂」久保田真司さん(前編後編
●京焼「蘇嶐窯」涌波まどかさん(前編後編
●京焼「蘇嶐窯」未来の5代目 涌波優太くん(特別編
●京都信用金庫の専務理事 榊田隆之さん(経済界編)
●漆芸工房「表望堂」島本 恵未さん(前編後編
●「京都 鳴滝 北澤造園」北澤真さん(前編後編
●京扇子「大西常商店」大西里枝さん(前編

暮らしの中での扇子

昭和初期に扇子業として創業した「大西常商店」にて、京扇子の製造・卸・小売に携わっていらっしゃる大西さん。
扇子を暮らしの中でどのように活かすのか、たくさんのヒントを教えてくださいました。

例えば、広げた扇子をお盆がわりに使うこと。
商談の際、いただいた名刺を扇子の上に載せ、机の上に直接置かないようにしたり、
習い事などで、月謝の封筒を扇子の上に載せてお渡ししたり。
結婚式の際に、祝儀袋を載せてお出しすることもできるそう。
帛紗を忘れてしまった際に、さっと扇子を出すことができたら、とても素敵ですね^^

また、閉じた扇子を自分の前に置き、挨拶するときにも使います。
私も最近始めた茶道のお稽古で、お部屋に入る際や先生にご挨拶する際に用います。
境界線の代わりとして、「一段へりくだって挨拶させていただきます」という意味があります。


「日本人が古来から持っている”遠慮の心”が現れる」と大西さん。
矢島は、「屏風や簾と同じように、空間を自由に仕切っていく日本らしい考え方。
空間に壁をつくるのではなく、”置いたら境界線”というイメージを共有をすることで、
自由自在に空間を演出していける」と話していましたが、
”遠慮の心”も”見立て”も、まさに、日本らしい先人の智慧だと、改めて感じました。
お話を伺い、相手の方へ”尊敬の念”をお伝えできる扇子を、
お洋服の際にもそっと鞄に入れ、暮らしの中に取り入れてみたいと思いました。

伝統と革新の息づく街、京都で感じる”守破離”

現在、大西さんは、職人さんという立場でなく、
職人さんにお願いしながら一つの京扇子をお届けしていく、プロデューサーのような立場として、
京扇子の世界に携わっていらっしゃいます。
そんな中、伝統について大切だと感じていらっしゃる言葉があるといいます。
それは、「守破離(しゅはり)」

「守って離れて破る」という意味をもつ言葉ですが、
伝統と革新が息づく街、京都に住まう中で、
「破るという方向性を間違えないのが何より大切」とおっしゃいます。
「別の世界にいくわけでなく、独自の個性や感性を加えることが破ること」
という言葉がとても印象的でした。

和えるの仕事でも、職人さんとお話をすると、
挑戦を常に続けている一方で、徹底して基礎を学ばれていると感じます。
いきなり応用することはできず、先人が積み重ねた智慧を学び取った上で、
どこを変えていいのかを見極め、前に進んでいく職人さんの姿には
いつもはっとさせられるのです。

老舗の多い京都でも、「革新の方向性を間違えずに、
軸を崩さないやり方で革新しているお店が多く、見習っていきたい」とおっしゃる、
大西さんのお話をお聞きし、私たちも改めて、「守破離」を大切に、
日本の伝統と現代の感覚・感性を和えていきたいと思いました。



「大西常商店」
さんは、京都直営店「aeru gojo」の近く、
松原通高倉西入にあります。
夏用のものだけでなく、花嫁さんが持つ祝儀用ものやお茶席に使うもの、
そして、日本舞踊に使うもの、床の間に飾る”飾り扇子”など、700種類もの扇子があるそうです。
ぜひ、京扇子の魅力や、先代が大切にされてきた空間を感じにいってみてくださいね。

さて、明日7月21日朝6:00〜放送の『Artisan’s Talk』では、清水焼「丈夫窯」の加藤丈尋さんをお招きし、
2週に分けて、新人職人さんである富澤さんと尾形さんからもお話を伺います。
焼き物に携わるまでに異なるプロフィールをお持ちのお2人、
明日は国際派の富澤さんがゲストです。

どのようなお話をお聞きできるのか、今から楽しみです^^
みなさまも、どうぞお聴きくださいませ!

aeru gojoホストシスター中川

「Artisan’s Talk」番組詳細

放送局:「α-STATION」 FM京都
放送日時:毎週金曜日 朝6:00-6:25
リクエスト&メッセージはこちらから。

放送エリア:京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県の5府県

(FMラジオチューナーを通じてお聴きいただけます)

※なお、パソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko.jp」では、
放送から1週間に限り、聴き直すこともできます。
「radiko.jpプレミアム」にご加入いただくと、全国どこでもお聴きいただけます。

全国民放FM52局のラジオ放送を、エリア制限なく聴取できるau公式ラジオアプリ、LISMO WAVEにも対応しております。