満員御礼

【イベント】aeru meguro 3周年記念!型染めの魅力を語る!江戸更紗の職人さんトークナイト

2017年8月25日19時〜20時

aeru meguro
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105

定員:20名
参加費:無料
(複数名でいらっしゃる場合は、人数とお連れ様のお名前もお教えいただけますと幸いです。)


東京直営店「aeru meguro」は、2017年7月26日で3周年を迎えます。
これまでのご縁に感謝して、7月27日〜8月31日まで、「aeru meguro」にて、
「aeruが出逢った職人の暮らし展〜型染めの魅力を体感!江戸更紗〜」を開催します!
ちょうど「aeru meguro」が誕生した3年前に、
誕生した『東京都から 江戸更紗の おでかけ前掛け』
今回、さらに詳しく江戸更紗について、型染について、深く知ることができるよう、
8月25日には職人さんをお招きし、トークナイトを開催いたします。

aeruの商品の中でも、全国各地の職人さんが力を合わせて生まれた
『東京都から 江戸更紗の おでかけ前掛け』

色を染めるためのベンガラという顔料は、大阪府から。
模様をつけるための伊勢型紙は、三重県から。
ひもを留めるためのボタンは、長崎県から。
そして、前掛けに色をつけるのは、東京都の職人さんです。

ベンガラを刷毛に染み込ませ、伊勢型紙を生地に乗せ、版画のように
一色一色染めていきます。
その後、山梨県で、2種類のオーガニックコットンの生地を切り、
縫い合わせ、ボタンをしっかりつけることで出来上がるのです。


トークイベントでは、江戸更紗の職人さんをお招きして、
「aeru meguro」ホストマザー(店長)森との対談形式で、
型染で使用する”伊勢型紙”に魅せられ、江戸更紗の道に入られた職人さんのお話、
江戸更紗や型染の魅力について、
さらに、『江戸更紗の おでかけ前掛け』に込められたaeruと職人さんの想い、
などについて、お話させていただきます。

染め上がる工程や、
染めるのに使用する伊勢型紙や刷毛などのお道具をご覧いただきながら、
江戸更紗の魅力について学んでいきたいと思います^^

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております!

aeru meguroホストシスター松下

<江戸更紗の職人さんの、作品展示販売会も実施しております!>

職人さんが製作された、コースターや手ぬぐいを、お選びいただけますので、
ぜひお手に取ってご覧いただけますと嬉しいです。

帯に描かれている植物はなんの植物かお分かりになられますか?
こちらは、綿花だそうです。
私ははじめて綿のお花を見ました^^
1日ほどしか咲かない、とてもきれいなお花だそうです。

それを、江戸更紗の職人さんとは別の、職人さんが、
ご自身で育てていらっしゃる、日本の綿をご自身で紡いで、
手織りで製作された帯。
その帯に染められた、綿花をぜひご覧くださいませ!


お申し込みフォーム

満員御礼につき、お申し込みを締めきりました。