和える代表の矢島が、DJを務めさせていただいている、
「α-STATION」FM京都のラジオ番組『Artisan’s Talk』
京都の若手の職人さんや伝統を次世代につなぐ取り組みをされている方々などを
お招きし、想いや生き方・働き方についてお届けしております。

11月10日の放送では、前編に引き続き、
京座布団や寝具をお作りになっている「株式会社 高岡」
代表取締役 高岡幸一郎さんと雜賀香江さんをお招きしました!
職人さんを支える側のお仕事をされているお二人から、
大正8年から続く、ものづくりにかける想いについて伺いました。

現代の暮らしに活かす〜お座布団のイノベーション〜

2年後の2019年に創業100年を迎える、「株式会社 高岡」

綿を使って職人さんが手作りするお布団屋さんとして創業され、
2000年ごろから、職人さんの技を活かして、
人がくつろぐことができるお座布団を生み出す
「洛中高岡屋」というブランドを展開されています。

立体的で高さのあるお座布団は、「今までにはなかった形の、座る道具」と高岡さん。
床に座ることが少なくなってきた現代、立体にすることで楽に座れる形を生み出したそう。
「平面から立体へ挑戦したイノベーション」と矢島も感想を話しておりましたが、
まさに、現代のライフスタイル、人々の暮らしの変化に合わせて、
お座布団にも革命を起こしてこられたのですね^^

◯立体的なお座布団が生まれるまでに、試行錯誤されたお話については、
前編をご覧くださいませ。

創業100周年を前に…伝統産業として、暮らしに”気持ちのあるもの”を

雜賀さんは、社員さんとして、職人さんと共に
商品開発や取扱店とのやり取りなどをされています。
実は、aeruの『京都府から 手詰め木綿わたの 首くり布団セット』
のご担当もしてくださっています。
社長である高岡さんや、そのお父さまの姿から
「会社が100年続くのは、どんどん新しいことをしてきたからだと思う」と雜賀さん。
その言葉からも、「株式会社 高岡」が社員さんや職人さんと共に、
イノベーションを楽しみ、伝統を活かしながら革新を繰り返してこられたのだと感じました。

高岡さんは、「100年は一つの通過点」とおっしゃいます。
高度経済成長を経験した今、
”気持ちのあるもの”が求められていると感じていらっしゃるそう。
「伝統的なものづくりから派生する新しいものづくりが
見直されている時期と感じる」という言葉がとても印象的でした。
雜賀さんは、「お座布団は”工芸品”ではないので、みなさまの暮らしの中に
違和感なくなじめるものを今後も作っていきたい」とおっしゃいます。

確かに、伝統産業と伝統工芸は違う一面を持っています。
「洛中高岡屋」は、お座布団を暮らしの中で使っていただくことで、
より暮らしが豊かに感じる”気持ちのある”ものづくり、
産業としてのものづくりをされているのだと感じました。
私たちも、暮らしの中になじむ現代の感性と先人の智慧を和えたモノや、
一緒に暮らしていて嬉しかったり、楽しかったり、
より愛着がわくようなモノを職人さんと共にお届けしていきたいと、改めて思いました。

職人さんの手仕事を感じに

京都・五条油小路の北にある「洛中高岡屋」では、ギャラリースペースもあるとのこと。
実際にお座布団をお手にとって、ご覧いただくこともできるそうですので、
ぜひ、お座布団のイノベーションを感じに訪ねてみてくださいね^^
京都直営店「aeru gojo」からも、歩いておよそ10分ほど。
aeru gojoでも、職人さんが手で綿を詰めてくださっている
『首くり布団』や、
店内でお使いいただいているお座布団をご覧いただけます。
ぜひ京都を散策する際には、合わせてお立ち寄りいただけますと嬉しいです!

明日のゲスト

さて、明日11月17日朝6:00〜放送の『Artisan’s Talk』では、
西陣織「りんどう屋」代表の佐々木英人(ささき ひでと)さんと、
お弟子さんの冨山華菜(とみやま かな)さんをお招きします。
どうぞお楽しみに!

aeru gojoホストシスター 中川

これまでの放送内容

●つづれ織り職人 森紗恵子さん(前編後編
●京すだれ本舗「久保田美簾堂」久保田真司さん(前編後編
●京焼「蘇嶐窯」涌波まどかさん(前編後編
●京焼「蘇嶐窯」未来の5代目 涌波優太くん(特別編
●京都信用金庫の専務理事 榊田隆之さん(経済界編)
●漆芸工房「表望堂」島本 恵未さん(前編後編
●「京都 鳴滝 北澤造園」北澤真さん(前編後編
●京扇子「大西常商店」大西里枝さん(前編後編
●京焼「丈夫窯」加藤丈尋さんと新人職人の富澤さん・尾形さん(”お師匠さん”と”お弟子さん” 前編後編
●「株式会社 ウエダ本社」の代表取締役社長 岡村充泰さん(経済界編)
●「嵯峩螺鈿 野村」のむらまりさん、野村拓也さん(前編後編
●特別編「ブータンの伝統継承から学ぶ」
●「山本合金製作所」鏡師 山本晃久さん(前編後編
●竹工房「喜節」竹工芸職人の細川秀章さん(前編後編
●京友禅「丸染工株式会社」型友禅職人の横田武裕さん(前編後編
●京焼の絵付師 林民和さん(前編後編
●九谷焼の福島武山さんと三井広報委員会の吉田昌司さん(特別編
●京座布団「株式会社 高岡」の代表取締役 高岡幸一郎さんと雜賀香江さん(前編

「Artisan’s Talk」番組詳細

放送局:「α-STATION」 FM京都
放送日時:毎週金曜日 朝6:00-6:25
リクエスト&メッセージはこちらから。
放送エリア:京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県の5府県
(FMラジオチューナーを通じてお聴きいただけます)
※なお、パソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko.jp」では、
放送から1週間に限り、聴き直すこともできます。
「radiko.jpプレミアム」にご加入いただくと、全国どこでもお聴きいただけます。
全国民放FM52局のラジオ放送を、エリア制限なく聴取できるau公式ラジオアプリ、LISMO WAVEにも対応しております。